Word の余白設定で行数を増やす -Officeソフトの技(29)-

Word は初期の設定では1ページあたりの行数が 36 行となっており、各種設定により行数を増減させることができる。

行数の変更方法はいくつかあり、主に次の3箇所で変更できる。

 ・「ページ設定」内の行数
 ・「ページ設定」内の余白
 ・「段落」内の行間隔

今回は「ページ設定」内の余白を変更する。

1.Word を開いて文字を入力する


Word の文書を新規に開いて文字を入力する。
設定変更前は最大で 36 行まで書込むことができる。

変換前の文字列


2.ページ設定を開き余白を変更する


行数を変更するには上部リボン内の「ページレイアウト -> ページ設定」もしくは「ファイル -> 印刷 -> ユーザー設定の予約」を選択するとページ設定ウィンドウが表示される。

その中からタブ「余白」を選択し、上または下を増減することで自動的に行数も変更される。(下図1、2)

ページ設定ウィンドウ


行数は設定した余白に応じて増減するためどれだけ増減するかは行間などの設定にも影響される。
余白を増やした場合は本来印刷しない箇所が利用できるようになるため、行間が狭まったり文字サイズが変わることがないので見易さは損なわれないが印刷時に影響するので注意が必要。

変換後の文字列


尚、同じくページ設定のウィンドウ内のタブ「文字数と行数」で行数をさらに増やすことも可能。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック