ガラケからスマートフォンへメール・アドレス帳の移動

現在もガラケ(フィーチャーフォン)の製造と新しい機種は細々とながらも提供されているのでガラケ利用者はそのまま利用する人が多いが、バッテリーの劣化や回りの連絡手段がスマホアプリになっているのを機にスマホに機種変更する人も少なくないだろう。

ガラケからスマホへ変更した際の第一難関がアドレス帳やメールのデータ移行がある。
スマホが無い時代は携帯ショップにある専用機でデータ移行をしてもらっていたが、今は操作方法を習って利用者自身でデータ移行するのが一般的である。

今回はドコモのガラケからスマホに機種変更した際のデータ移行の流れを紹介する。
スマホには予めアプリ「ドコモデータコピー」がインストールされているものとし、ドコモから販売されているスマホであれば既にインストール済みである。

ドコモデータコピー


1.microSD カードを用意する


ガラケに登録しているアドレス帳やメールは microSD カードを介してスマホに移動する。
そのため、microSD カードを用意し、ガラケに差し込む。

2.microSD カードにデータをバックアップする


差し込んだ microSD カードにアドレス帳やメールをバックアップ(保存)する。
"ガラケ"の場合は機種ごとにバックアップの手順が異なるので詳細は説明書を見る必要があるが、大半はアドレス帳を起動してメニューまたは設定を開くバックアップの項目が表示されるので後は画面に沿ってバックアップを行う

3.microSD カードをスマホに差し込む


バックアップが終了したらガラケから microSD を取り出し、スマホに差し込む。

4.ドコモデータコピーを起動する


ドコモデータコピーを起動すると「データ移行」と「バックアップ&復元」が表示されるので、「バックアップ&復元」をタップする。

バックアップ&復元


5.復元を実施する


「バックアップ&復元」より「復元」をタップすると復元可能な一覧が出てくるので、画面に沿ってタップするとスマホアプリ内の各アプリにデータが移行される。

バックアップ&復元


6.データ移行後の確認


アドレス帳やメールのアプリを起動し、データ移行が完了しているか確認する。

7.総評


実際にガラケからスマホに機種変更した際にこの手順でデータ移行したが、問題無くすぐに移行が完了した。
ガラケによってはブックマークやメモ帳を移行することもできるのでスマホで引き続き利用できるものも多い。
「データ移行」を使えばスマホからスマホへの機種変更も容易なようだ。
ただ、データ移行できるのは元の機種が正常に使えることが前提なので、故障や紛失に備えてガラケに限らずスマホでもバックアップは日常的に心がけておきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック