Raspberry Pi をリモートデスクトップで操作する -ラズパイで IoT 電子工作(05)-

Raspberry Pi(ラズパイ)を操作するのに都度ディスプレイやマウスを直接ラズパイに接続するのは手間なのでパソコンから遠隔操作するために前回は SSH の設定を行ったが、今回はパソコンのようにデスクトップ操作できるようにする。

SSH はキーボードのみの操作なので実行するコマンドを知っておく必要があるが、デスクトップ操作の場合はマウスも利用できるので直感的に操作できる点がメリットだ。
デスクトップ操作を行うためには操作するパソコンにインストールされている"リモートデスクトップ"を利用し、ラズパイ側にも"リモートデスクトップ"が利用できる環境の準備が必要となる。

1.ラズパイのコンソールを開く


リモートデスクトップできるようにするためには専用のソフトをインストールする必要があるが、そのためにはコマンド操作が必要となる。
ラズパイにキーボード等を直接接続してコンソールを開くか、SSH による遠隔操作ができるようにしておく。

2.apt-get をアップデートする


"apt-get"はラズパイにインストールするパッケージの操作・管理を行うコマンドで、これからインストールするパッケージを最新のものに対応するためアップデートしておく。


pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get update
取得:1 http://archive.raspberrypi.org/debian stretch InRelease [25.4 kB]
取得:2 http://raspbian.raspberrypi.org/raspbian stretch InRelease [15.0 kB]
取得:3 http://raspbian.raspberrypi.org/raspbian stretch/main armhf Packages [11.7 MB]
取得:4 http://archive.raspberrypi.org/debian stretch/main armhf Packages [200 kB]
取得:5 http://archive.raspberrypi.org/debian stretch/ui armhf Packages [41.6 kB]
11.9 MB を 43秒 で取得しました (277 kB/s)
パッケージリストを読み込んでいます... 完了


3.xrdp をインストールする


"xrdp"は Windows からリモートデスクトップすることができるサーバだ。
サーバはインストールしただけでは動作せず、常に起動させることで処理を待つ状態になる。


$ sudo apt-get install xrdp


4.xrdp 利用時のキーボードの設定を行う


"xrdp"でリモート接続するとマウスはすぐに反応するが、キーボードで文字を入力するとうまく認識してくれない。
そのため、日本語対応キーボードで正常に操作できるように設定を行う。


$ cd /etc/xrdp/
$ sudo wget http://w.vmeta.jp/temp/km-0411.ini
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0010411.ini
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0200411.ini
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0210411.ini


5.xrdp を再起動する


サーバは設定を変えただけでは反映されず、再起動することで設定が変更されるため"xrdp"を再起動する。


$ sudo service xrdp restart


6.OS 起動時に自動的に xrdp も起動するようにする


サーバは OS のシャットダウンからの起動時や再起動時には自動的に起動しないため、OS 起動時に自動的に起動するように設定を行う。
この設定を入れておかないと、ラズパイの電源を入れるたび"xrdp"を起動させる一手間が発生してしまう。


$ sudo systemctl enable xrdp


7.リモートデスクトップする


手元の Windows パソコンから「すべてのプログラム -> アクセサリ -> リモートデスクトップ接続」を選択してリモートデスクトップを起動する。
リモートデスクトップが起動すると接続先を入力する欄が表示されるので、ラズパイの IP アドレスを入力する。

8.ラズパイへログインする


リモートデスクトップからラズパイへの通信が通ると、ラズパイにログインする画面が表示される。
ラズパイのログイン情報を入力することでログインすることができる。
ラズパイの初期状態から変更していなければ次の情報でログインが可能だ。

 ・Session :Xorg
 ・username:pi
 ・password:raspberry

ラズパイのログイン


無事にログインに成功するとラズパイのデスクトップが表示されるので、パソコン側からマウスとキーボード操作を行うことができる。

ラズパイのデスクトップ


9.リモートデスクトップを終了する


リモートデスクトップを終了する場合は、画面上部にあるボタン「×」をクリックすると終了できるが、これで終了させてしまうとラズパイはまだ起動したままとなってしまう。
ラズパイも終了したい場合はラズパイのデスクトップ上でシャットダウンさせ、ラズパイからの応答が無くなると自動的にリモートデスクトップも終了する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック