Word で表の位置を自由に配置して資料の操作性と見易さを向上させる -Officeソフトの技(28)-


[初回公開] 2019年05月13日

Word で資料を作成する際には図形や表を挿入することで文章だけの資料ではなく視覚的にも見やすくすることが求められるが、 Excel や Powerpoint と違いそのまま図形や表を挿入すると吸着してしまい好きな場所に設置できないので自由に配置できる方法を紹介する。

Word で表の位置を自由に配置して資料の操作性と見易さを向上させる




1.図形や表を自由に配置する利点


Word は Excel や Powerpoint と違い視覚的に見せる資料というよりかは文章作成に特化した資料作成ソフトであるが、文章だけでは伝わりにくい伝達事項は図が表があるとよりわかりやすくなり、学校や地域で配布する資料においても文章だけでなく少しイラスト画像があるだけで印象が良くなる効果がある。
Word は文章の打ち込みやすさや段落を自動的に解釈してくれるなど文章作成においては便利な機能が多いが、画像や表を挿入する場合は文章の邪魔にならないように余計や空白ができたり、図形や表だけで数行使ってしまうことがある点が難点だが、図形に回りこむように文章を配置することで雑誌や新聞のような文章と図が連携した見せ方ができ、閲覧者にも内容が頭に入りやすくなる利点がある。

2.そのまま図形や表を配置した時の問題点


Word で文書を数行記入した後に上部メニューの「挿入 -> 表」を選択する文章に回りこむように表が埋め込まれる。
表は行間に吸着するようになっているので表を移動して配置場所を変える場合はあまり自由に配置することができない点と、図形ではプロパティで文章の前面に配置することができるが表は前面に配置することができない。

Word で文章と合わせて表を配置する


3.図形や表を自由に配置する方法


図形や表を自由に配置するためには行間に直接配置するのではなく、テキストボックスを配置してそのなかに図形や表を配置すると、テキストボックスは自由に配置できるのでその中にある図形や表も自由に配置できることになる。

テキストボックスを配置するにはまず上部メニューより「挿入 -> テキストボックス」を選択すると配置できるテキストボックスのパターンが数種類表示される。

テキストボックスを配置するための種類


表示されたいくつかのテキストボックスの種類の中から「シンプル」を選択すると文章内にテキストボックスが配置される。

配置されたシンプルのテキストボックス


この状態だとサンプルとして記入済みの文章とテキストボックスの枠線が画面上と印刷時にも出力されてしまうため、配置したテキストボックス内の文章を全て削除し、テキストボックスを右クリックして「図形の書式設定 -> 図形のオプション」より線を「線なし」に変更する。

サンプル文章と枠線の削除




次にサンプル文章と枠線を削除したテキストボックスの大きさを表が入るまで拡大し、そのテキストボックス内の改行マークが選択された状態で上部メニューより「挿入 -> 表」を選択するとテキストボックス内に表が挿入される。

テキストボックス内に表を挿入


この状態で表ではなくその外枠にあるテキストボックスをマウスで選択してドラッグすると文章内の自由な箇所に表を設置することができる。
しかし、入力済みの文章の上に配置すると文章の回り込みが発生するため、文章の回り込みをやめたい場合は配置したテキストボックスの枠線(テキストボックスの内部ではない)を選択した状態で右クリックして表示されるメニューの中にある「文字列の折り返し」より「前面」を選択すると、テキストボックスを移動させても文章が回り込まずに配置することができる。

文字列の折り返しで前面を選択


ただし、「前面」を選択すると下図のように文章や図形、表も隠れてしまうので、図形や表を自由に配置した後は文章を改行するなどして資料のレイアウトを調整する必要がある。

最前面で隠れてしまう事象


関連記事


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック