Raspberry Pi の IP アドレスの探し方 -ラズパイで IoT 電子工作(04)-

"Raspberry Pi"を同じネットワーク内にいるパソコンから遠隔操作したい場合に"Raspberry Pi"の IP アドレスを知っておく必要があるが、IP を自動割り振り(DHCP)していると IP の確認の都度、"Raspberry Pi"にディスプレイやキーボードを接続するのが手間である。

そこでパソコンから"Raspberry Pi"の IP アドレスを調べることにする。

1.パソコンとラズパイの状態


遠隔操作するパソコンとラズパイは同じネットワーク内に存在していなければ通信することができないので、まずは通信できる状態であることを前提とする。
構成については前回「Raspberry Pi を SSH で遠隔操作する -ラズパイで IoT 電子工作(03)-」を例とする。
また、遠隔操作するパソコンは Windows OS とする。

2.コマンドプロンプトの起動


遠隔操作で利用する Windows パソコンより「コマンドプロンプト」を起動する。
「コマンドプロンプト」は画面左下より「スタート -> アクセサリ」に入っている。
または検索欄に「cmd」と入力し、結果表示される「cmd.exe」をクリックすることで起動できる。

3.ネットワーク内の IP アドレスを確認する


ネットワーク内の IP アドレスを確認する場合は arp コマンドを利用する。
起動した「コマンドプロンプト」に次のように打ち込んで実行すると IP アドレスが表示される。

もし、自分の IP が 172.19.0.103 の場合、"動的"となっている IP がラズパイとなる。

C:\WINDOWS\system32>arp -d * → arp のキャッシュをすべて削除しておく
C:\WINDOWS\system32>arp -a  → ネットワーク内の IP を検索
(略)
インターフェイス: 172.19.0.103 --- 0x10 → 自分のIPアドレス
インターネット アドレス 物理アドレス 種類
172.19.0.104 b8-27-eb-c3-c5-9f 動的 → ラズパイのIPアドレス
172.19.0.254 00


ただし、ラズパイをつなげたネットワーク内に他にもパソコンなど端末がある場合は下図のように複数行表示されるため、目星を付けて SSH 接続するか、ラズパイに固定 IP を割り振っておいたほうがよい。

arp の実行


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック