Word で行間などを減らして一ページあたりに表示する行数を 36 行より増やす -Officeソフトの技(27)-


[初回公開] 2019年03月06日

Word の初期設定では一ページあたりの行数が 36 行で、ページ設定の行数の設定で最大 45 行まで増やして一ページ内に表示できる内容を増やすことができるが、余白や行間を狭めることで 45 行よりさらに行数を増やすことができる。

Word で行間を減らして一ページあたりに表示する行数を増やす




1.行数を増やすことの利点


Word を新規作成で開くと一ページあたり最大 36 行まで記入することができ、37 行目からは次ページに移動して記入を続けることができる。
記入内容によってはたった数行だけが次ページになったり、一ページあたりに記入できる内容が少ないので大量の文字や図を添付する場合はページ数も膨大になる。
そこでちょうど一ページに収まるように一ページあたりに表示する行数を増やしたり、一ページあたりの行数を増やすことで全体のページ数を少なくして印刷コストの軽減や資料を見る人の手間を減らす利点につながる。

2.Word の初期状態での最大行数は


Word の文書を新規に開いて文字を入力すると行数の設定変更を行う前では最大で 36 行まで書込むことができる。
行数はフォントサイズを小さくしても行数が減ることはないが、反対にフォントサイズを大きくすると一ページあたりに表示する行数が減ってしまう。

Word の初期状態では最大 36 行書き込める


3.行数を増やす設定(1)


一ページあたりの行数を増やす方法の一つに「行数の変更」が挙げられる。
行数の変更は上部メニューより「ページレイアウト」を選択し、右下の矢印をクリックするとウィンドウ「ページ設定」が表示される。(下図 No.1)

Word のページ設定を開く


ウィンドウ「ページ設定」よりタブ「文字数と行数」内にある行数の数値を上げることで一ページあたりに表示する行数を増やすことができ、Word の初期状態から数値を上げると最大 45 行まで増やすことができる。(上図 No.2)



4.行数を増やす設定(2)


一ページあたりの行数を増やす方法の二つ目は「余白の変更」が挙げられる。
余白の変更は上部メニューより「ページレイアウト」を選択し、右下の矢印をクリックするとウィンドウ「ページ設定」が表示される。

Word のページ設定を開く


ウィンドウ「ページ設定」よりタブ「余白」内にある上または下の数値を減らすことで一ページあたりに表示する行数を増やすことができ、Word の初期状態から上の数値を 35mm から 15mm に、下を 30mm から 15mm に減らすと最大 42 行まで増やすことができる。

5.行数を増やす設定(3)


一ページあたりの行数を増やす方法の三つ目は「行間の変更」が挙げられる。
行間の変更は上部メニューより「ホーム」を選択し、段落の右下にある矢印をクリックするとウィンドウ「段落」が表示される。(下図 No.1)

Word の段落を開く


ウィンドウ「段落」よりタブ「インデントと行間隔」内にある行間(上図 No.2)から「固定値」を選択すると、間隔(上図 No.3)に 12pt と表示されるのこの数値を 12pt 以下にしてボタン「OK」をクリックすると行間の間隔が狭くなり一ページあたりに表示される行数が増える。
ただし、行間の間隔を狭めた場合はグリッド線の行間と連動していないために下図のように入力した文字列とグリッド線が被ってしまう現象が発生する。

関連記事


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック