低コストな SSD でパソコンの高速化を -PANTHER SATA III SSD 240GB-

パソコンの記録媒体は一般的にハードディスクなのだが、最近ではメモリの性能が上がったこともありハードディスクの代わりにこのメモリ(SSD)を搭載するパソコンも少なくない。

ハードディスクは安価ではあるが動作中の衝撃に弱く、データを読み込むヘッドは消耗品なので心もとない部分はある。
対して SSD は価格が高い点と読み書きできる回数がハードディスクよりも少ないといった耐久性の課題はあるものの、軽くて読み書きが早い点は無視できない。

今までは特に SSD の必要性がなく、価格も高いとあって真剣に向き合ってこなかったが、安い SSD があることと、パソコンゲーム(Fortnite(フォートナイト))が快適になるかと思い SSD の購入に踏み切った。

今回購入したのは Apacer(アペイサー)の"PANTHER SATA III SSD 240GB"だ。

PANTHER SATA III SSD 240GB


1.製品の仕様


ノートパソコンの HDD を SSD に替えたいので 2.5 インチタイプを購入した。
本体に模様と"PANTHER"の文字がプリントされており、従来の HDD の体裁と違いおしゃれである。
データ容量は 240GB だ。
読み込み速度は最大 550MB/s、書き込み速度は最大520MB/s とある。

パッケージの裏には各言語で特徴が記載されている。

パッケージ裏


本体の裏面は下図のようになっている。

SSD 裏面


接続部分は SATA となっている。

SATA


SSD の側面には固定するためのネジ穴が 2 箇所、計 4 箇所ある。

SSD 側面



2.販売価格


インターネットでは 3,600 円前後で販売されている。
[参考価格] PANTHER SATA III SSD 240GB



3.内容物


・2.5 インチ SATA SSD

4.操作性


パッケージから取り出して SATA のケーブルに挿せば認識してくれる。
ただ、USB メモリのようにすぐに外部メディアとしては認識してくれず、フォーマットが必要になる。

5.満足点


ノートパソコンの HDD をこの SSD に交換し、Windows 10 をクリーンインストールしてみたが、まずはインストール自体が非常に早く終わり、SSD の効果を実感した。
古いパソコンだったので起動時には HDD からブーンという音がしていたが、SSD は駆動部が無いので全くが音が無い。
電源オフから起動にかけてもかなり早くなった。
当初の目的だった Fortnite(フォートナイト) のロード時間も半分くらいになった。

6.不満点


今のところ問題無く動いており、安くて体感できるほどパソコンが高速化したので不満点は無い。
あえて挙げるとすればフォーマットが必要なので SATA に対応した USB ケーブルか、SATA 対応の 2.5 インチケースが別途必要なことぐらいだ。

7.総評


よく SSD のレビューに「SSD にしたら HDD に戻れない」という書込みを目にするが、まさしくその通りだ。
個人で使うパソコンは今回が初めての SSD 体験だったが、仕事では SSD のサーバを使っており HDD のサーバと比べると断然性能が良い点は間違いない。
まだ世間では 240GB クラスの SSD は 6,000 円近くするので、4,000 円弱で購入できたこの"PANTHER SATA III SSD 240GB"は初めての導入にはちょうど良い。
2.5 インチケースがあれば外付け HDD の代わりにもなるのでもう何個か買っておこうかと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック