自分の町を作って冒険する -マインクラフト Switch版- #Minecraft #マイクラ

最近のゲームはスマホ向けが多く家庭用ゲーム機向けが下火になりつつあるが、タップするだけや同じ操作の作業化ばかりのスマホゲームと違い想像力を養うゲームとして紹介されていた"マインクラフト"がどのようなものか興味がありプレイしてみた。

"マインクラフト"は自キャラや NPC だけでなく木や地形など全てが立方体のブロックが積み重なった世界で素材を集めて加工し、建物や武器を作るゲームだ。
ストーリーはなく、ゲーム冒頭から"マインクラフト"の世界に放り込まれるだけだ。
一応ラスボスとなるキャラは存在するのでそれを討伐するための武器や防具、道具を揃える過程はあるものの、自分の町を作成したり開拓されていない土地を冒険したりと自由度の高いゲームだ。

マインクラフト



1.製品の仕様


素材を採取して道具を生成する点は RPG のようだがキャラクターにはレベルやスキルはない。
ブロック状の素材を積み重ねたりする点はシミュレーションゲームに近い。

2.販売価格


パッケージ版とダウンロード版があり、2,500 ~ 3,500 円ほどで購入できる。

3.内容物


・ゲームソフト×1

4.操作性


キャラを操作し、叩く、ジャンプ、道具類の設置程度のアクションしかないので非常に簡単だ。
カメラ視点も数種類選択が可能なので自視点で動かすこともラジコンのようにキャラを見ながら動かすこともできる。

5.満足点


武器や道具の生成には決まった素材を集める必要があるが建物や街をつくる場合は砂でも土でも木でもいいので自由度が高くあれこれ考えるのが楽しい。
昼夜の概念があるので夜になるとモンスターが襲ってくる。
防止するためには明かりを多く用意する必要があり、お腹が減るので食物の調達や栽培を行ったりとやることが多く時間泥棒である。

6.不満点


"マインクラフト"の世界は全てがブロック状なので昔のポリゴンゲームのようになるのは仕方がないかと思うが、画面文字やインターフェイスも Windows 95 のような昔の感じなので識字がしづらい。
加えて自由度が高いが説明が一切ないのでネットや書籍で情報収集しないと十分に堪能できないのは残念だ。

7.総評


生えている木を下から入手していくと幹や葉が宙に浮く状態になり一部重力を無視するところはあるが、基本的には下から順番に素材を積み上げていき、建物の屋根を作るには自分の足場も確保したりと空間認識が養われたり、どういう建物や町並みにするかと想像が膨らむのでゲームをしながら身に付くものがあるのではと思う。
ゲーム序盤は要領がわからず襲ってくるモンスターでやる気が下がるかもしれないが、慣れてくるとやることが無くなるのでモンスターがいる平和と危険のメリハリが重要なのに気づく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック