ドラマ"絶対零度"で使われる背負える人型ビーズクッション -MOGUピープルロングアーム-

[初回公開] 2019年01月30日
[最新更新] 2020年02月06日

フジテレビ系列の月曜夜9時から放送されているドラマ「絶対零度」内で小道具として登場する"MOGU"の人型ビーズクッションが再燃している。
一年半ほど前に放送された際には品切れが続き購入が困難だったが、数か月するとネットや雑貨屋で在庫が確認できるようになった。
新シリーズの放送でも人型クッションが登場して一時期は品切れしていたが、既に購入している人がいることもあり入手しやすくなっているようだ。

"MOGU"はデザインがシンプルでカラーバリエーションがカラフルなので海外メーカーに捉えがちだがソファやクッションなどを製造販売している国内企業だ。
以前、"MOGU"のビーズクッションをいただいたことがあり、肌触りや弾力は綿とは違って体型にフィットしやすい反面、ビーズが逃げるのでクッションからの強い反発は感じにくいイメージがあった。



1.ドラマでの使われ方


人型の"ピープルロングアーム"はビーズクッションだが、ソファの腰当や座布団のような使われではなくドラマ内では背負われたり抱かれたりと人のように扱われている。

MOGUピープルロングアーム


2.製品の仕様


人型をしたビーズクッションで、両手を広げると前長 100cm を超える。
縦も 55cm あるのでビジネスカバンやリュックと同じぐらいの大きさだ。
クッションの腕を体の前に出すように背負うと手放しでも安定する。
足の内側にビーズを補充するための口が用意されている。

3.販売価格


インターネットと店頭ともに 3,000 から 3,200 円ほど。

4.内容物


・ピープルロングアーム

5.操作性


他のビーズクッションと同じように扱える。

6.満足点


一般的な四角形や円形のクッションと違い人型なのでクッションとしての役割が果たせなさそうだが、背もたれのあるソファやチェアに座るときに"ピープルロングアーム"を背負った状態で使うとしっかりとクッションとして機能する。
ビーズが体のラインに合せて分散されるので形状は問わないのだろう。
また、胴体部分は一般的なクッションと比べると細身なので枕としての利用もできる。

7.不満点


圧力をかけたときにビーズが分散されるのでクッションを薄く感じたり、体を沈ませて覆われる感覚を求めたい場合には不向きだ。
初回購入時の時点でビーズ量が少ないかもしれないので弾力を求めるのであればビーズの追加が必要だ。

8.総評


ソファなどに座るときの体への負担を軽減したいのであれば"ピープルロングアーム"よりかは四角形で幅のあるクッションの方がいいだろう。
この商品の使いどころは手元がさびしくなったときに抱いておいたり、インテリア、子供のおもちゃという用途が想像される。
大きさ的には子供にはぴったりかもしれないが、敷くとかわいそうになるらしく抱っこされる傾向にあるあるようだ。
購入から一年が経過するが、クッションからビーズが出ることもなく生地がやぶれることもなく順調だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック