伝言メモで時間短縮を -付箋ポイントメモ-

[最新更新] 2020年04月02日
[初回公開] 2018年11月30日

デスクワークをしていると取引先等からの外線電話や別支社やグループ会社からの内線電話を取ることが多く、自分以外の担当者宛にかかった電話でその担当者が不在の場合に行う伝言に手間がかかり非常に非効率に感じることが多い。

担当者には1台のパソコンが貸与されているのでグループウェアで伝言することも可能だが、できるだけ早く伝言内容に目を通してほしいのでそういう場合はデスクに伝言メモを置くのが最適だ。

最近では伝言メモが売られているのを見かけることがなく、ネットでまとめ買いした。
"付箋ポイントメモ"は 1 冊あたり 50 枚で、それが 12 冊入ったいわゆる箱買を行った。

付箋ポイントメモ




1.製品の仕様


紙面には日時、連絡者、折り返しの電話有無、メモ欄がある。
紙面裏側には上段と中段に付箋のりが付いているので付箋紙として利用できる。

2.販売価格


1箱あたり 1,000 から 1,400 円ほどで販売されている。



3.内容物


"付箋ポイントメモ"が 12 冊入っている。
1冊1冊は包装されている。

4.操作性


「書く」「めくる」「貼る」と一般的な付箋紙の利用と変わらない。

5.満足点


無地のメモ帳や付箋紙と異なり、各項目ごとに罫線やチェック項目などが印字されているのでそれに沿って書くだけなので非常に時間短縮できる。
付箋紙なのでディスプレイやデスクに貼り付けられ、メモがどこかに紛れたり飛ばないというところも良い。
紙面の中段にものりがあるのでメモ自体がめくれるようなこともなくしっかりと貼り付いてくれる。

6.不満点


伝言メモの用途として見ると不満点は見当たらない。

7.総評


伝言メモを必要としない人や通常のメモ用紙と併用したい人にとっては既に罫線等が印字されている"付箋ポイントメモ"は使いづらいだろうが、店舗で取り扱っているところが少ない現状では伝言以外に使うのはもったいない。
作業をしていると電話を取るだけでも手が止まったり集中が途切れるのだが、無地のメモに「○月○日 ○時○分に○○様より ○○○ - ○○○ - ○○○ の電話番号へかけてください。」と書込むところを○だけ書けば伝言メモとして出来上がってしまうので元の作業に戻りやすい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック