デザリングもできる高機能格安スマホ -HUAWEI nova lite 2-

今までデータ通信だけで利用してきた2台目のスマートフォン"SO-04E"のバッテリーが 100% の状態から1時間利用すると半分以下になるようになってしまったのと最新の Android バージョンでないと利用できないアプリが増えてきたので買い換えることにした。

今までは国際スマホだけを利用してきたが新品となると型落ちしたものでも50,000円以上するため、海外製品となるMHUAWEI(ファーウェイ)社の"HUAWEI nova lite 2"を購入した。

HUAWEI nova lite 2



1.製品の仕様


製品仕様は次の通りである。

項目内容
プロセッサHUAWEI Kirin 659 オクタコア (2.36GHz+1.7GHz)
OSAndroid 8.0
ディスプレイ約5.65インチ
サイズ高さ約150.1mm x 幅約72.05mm x 厚さ約7.45mm
解像度2,160×1,080ドット (フルHD+)
メモリ3GB
ストレージ32GB
バッテリー容量3,000mAh
カメラアウトカメラ:約1,300万画素+約200万画素
インカメラ:約800万画素
UIMnanoSIM
外部インターフェースmicroUSB
microSDカードスロット
ヘッドセットジャック


通信カードは nanoSIM となり、外部メモリの microSD ともに同じスロットに挿入する。
挿入するには付属のピンで開閉する必要がある。

外部カードスロット


外部カードスロットアダプタ



初回起動時は簡単なセットアップが必要だが数分で終了する。

初回セットアップ


2.販売価格


インターネット、店頭販売ともに販売価格は24,000円前後である。
MVNO業者が提供する場合はさらに値引きされることがある。

3.内容物


・ACアダプタ
・USBケーブル
・保護ケース
・イヤホンマイク
・クイックスタートガイド

内容物



4.操作性


ディスプレイが約5.65インチと大画面なためタップしやすい。
反面、本体が大きくなるデメリットにもなるのでスマホを持った手だけで操作するのは難しい。

5.満足点


まずは価格帯に対して動作がもたつくことがなく、3D ゲームで遊んでも問題無い。
GPS の精度も高く、屋外のモバイル回線だけも問題無い。
プリインストールされているアプリは一部不要なものがあるが、データクリーンツールや通信料通知機能などユーティリティも充実しているので新たにアプリを入れる必要がない。
スクリーンショットは画面に3本指でタップすると画面キャプチャが可能。
中古の国産スマホだとデザリングができないこともあるが、この機種は問題なく利用できる。

一番重宝しているのが指紋認証で、ロック画面から触るだけで解除される手軽さを味わうと指紋認証がないロック解除は非常に手間に感じてしまう。
付属品にスマホケースが付いているので別途購入する必要がなく、保護シールも既に貼られた状態となっている。

保護シール



6.不満点


"HUAWEI nova lite 2"は海外製品かつ iPhone と違って国内流通量が少ないので対応するアクセサリがほぼ無い。
そのためかスマホケースと保護シールは同梱されているのかもしれない。
プリインストールされているアプリがいくつかあるが、起動して使うものでないものも多く、アンインストールして正常動作しないと困るのでそのままにしているが端末に残っている気味の悪さは残る。
また、最近主流のコネクトの前後を気にする必要がない microUSB type-C ではく、旧式の microUSB なのでケーブル類を別途購入する場合は注意が必要である。

microUSB



7.総評


国産スマホに比べて同スペックの機種が24,000円前後で購入できるメリットは大きい。
リスクとしては携帯電話は生活必需品と化している現状からすると故障時の修理対応はネット経由や一部家電店と通信回線業者から購入するのに比べて手間と時間がかかるのでその点を理解した上で利用する必要があるだろう。
私の場合は個人情報等は一切入れずにデータ通信に特化して2台目として利用するのでメインとなるスマホは通話とメールと連絡用とし、ゲームや調べ物を2台目で使うとバッテリー消費も分散できてよい面がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック