100均で購入できる針のいらないホッチキスの使い心地

[最新更新] 2020年03月15日
[初回公開] 2018年08月22日

最近の100円均一ショップは機能を重視した製品があり、家電量販店や文具専門店では販売していないような有能なアイテムを見つけることがある。
今回見つけた「針のいらないステープラ」はいわゆる"針が不要なホッチキス"でホームセンターで見かけたことがあったものの、ついに100円均一ショップでも購入できるようになった。

針のいらないステープラ




1.製品の仕様


針を利用する従来のホッチキスとは異なり、この本体のみで複数枚の紙を一束に留めることができる。
本製品の仕様により、留めることができる枚数は4枚までとなっている。
針無しで紙を留めることができる仕組みは、複数枚の紙がバラバラにならないように紙の一部を織り込まれるようになっている。

2.販売価格


100円ショップで購入したため、110円(税込)となっている。

3.内容物


ホッチキス本体のみ。

4.操作性


針の代わりに紙の一部を織り込む機構のためか通常のホッチキスよりも一回り大きいが、握力は不要で穴あけパンチのようにサクッと留めることができる。

5.満足点


名前の通り針が不要なので針の補充が必要がなく、本体が壊れない限りは紙を留め続けられる。
また、通常のホッチキスのように針を外したときにゴミが出ないので省エネへの貢献と、針によるケガのリスクが無くなるので小さな子供がいる家庭でも安心して利用できる。

6.不満点


神を留めることができる枚数は4枚までというのが製品の推奨仕様なので幅広い利用シーンで活用できるとは言いがたい。
加えて、紙を織り込んで留める仕様がゆえに、何回も紙をめくっていると留めている箇所が緩んだり千切れたりしてバラける頻度が高い。

7.総評


ホッチキス針のゴミが出ないのですぐに破棄されるような会議資料や、レシートやメモなど即座に留めたい場合などには有効なアイテムだ。
反面、長期に利用する資料や閲覧する頻度が多い類の書類であれば利用している間に留め部が破損する恐れがあるので従来通りの針のホッチキスやクリップを利用したほうがよいだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック