ロト6やロト7のクイックピックの傾向と当選確率と当選実績を紹介


[初回公開] 2018年07月02日

ロト6やロト7など数値選択型の宝くじは自身で数字を選択するのではなく、購入時にコンピュータが自動選択するクイックピックと呼ばれる購入方法があり、そのクイックピックで選択される数字にやや傾向があるのと当選確率について紹介する。

ロト6やロト7のクイックピックの傾向と当選確率と当選実績を紹介




1.クイックピックとは





クイックピックとは、ロト6やロト7など数値選択型の宝くじを購入する際に自身で購入に必要な数字を選択するのではなく、ランダムにコンピュータが数字を選択して購入することを指す。
クイックピックで購入する際は、ロト6やロト7など購入時に利用するワークシート欄にある「クイックピック」を塗りつぶすだけでよい。

2.クイックピックで選択される数字の傾向





クイックピックはランダムで数字が選択されるとはあるが、3パータンのある傾向が見受けられることがある。

クイックピックで特定の数字が必ず出るパターン


まず1つ目の傾向としては特定の数字がどの口数に含まれることである。
上図は全てクイックピックで購入したときのものだが、全てにおいて 41 が含まれており完全なランダムにはならずに軸となる数字が数個入る傾向になる。
上図においては他に 11 と 36 の出現率も高くなっている。

クイックピックで特定の番台が多く出るパターン


次に2つ目の傾向としてはクリックピックで購入すると 01 から 43 まで均等にランダムでなく、10 番台や 20 番台といった特定の番台が固まって選択されるパターンがある。
上図では 01 番台から 10 番台がほぼなく、20 番台と 30 番台ばかり占めることがある。

最後に3つ目としては1枚のシート内に自身で選択した数字とクイックピックが混合している場合。自身が選択した数字がクイックピックにも出てくることが多くなる傾向がある。

3.クイックピック購入時の当選確率





ロト6の場合は1等から5等まであるが、1口だけ購入して1等に当選する確率は約 0.000016% と年末ジャンボの当選確率に比べるとかなり低く設定されている。
自身で数字を選択して購入してもクイックピックで購入しても当選確率に差はなく、どちらも1等に当選する確率は約 0.000016% ではあるが、後述するクイックピックでの当選実績のようにクイックピックで5等が当選する確率は体感的に高いように思える。

4.クイックピックで当選した実績



クイックピックで当選した実績


長年、間を空けることなくロト6を購入し続けてきているが、5等が当選する場合は自身が選択した数字よりクイックピックで購入したときのほうが多い気がする。
上図は過去半年分の当選実績だが、いずれもクイックピックで当選しており特に 20 番台や 30 番台と自動で選択された数字が偏っている場合に多い。

関連記事