PowerPointで自由絵画した図形を編集する -Officeソフトの技(14)-

PowerPoint など自由に図形を絵画することができる「フリーハンド」の機能があるが、マウス操作では綺麗に描けないため、絵画後は頂点を操作して編集することで精度を高めることができる。

今回は線状の図形を直線にし、線で囲った図形を角が丸い四角形になるように編集する。


1.編集したい図形を用意する。


フリーハンドで絵画した図形を用意する。
前回「フリーハンド」で絵画した図形を用いて、編集を行う。

図形を用意



2.図形の編集モードを選択する


編集したい図形を選択し、右クリックして表示される選択肢の中から「頂点の編集」を選択する。

頂点の編集を選択



3.編集したい頂点を選択する


図形の編集モードになると、曲線など線の向きが変わる箇所が頂点が■として表示される。
マウスで■をクリックすると位置の変更や弧の大きさを変更することができる。

頂点の編集



4.頂点を削除する


頂点を選択した状態でさらに右クリックすると頂点の追加や削除など操作する選択肢が表示される。

頂点の削除



始点と終点以外の頂点を削除すると直線になる。

直線図形の完成



5.頂点をカーブさせる


頂点を選択するとその左右に新たな頂点が現れる。
これはその頂点の曲線の度合いを示すもので、□の位置を変更すると曲線の向きが、□の長さで曲線の弧の大きさを調整することができる。
一方の□を伸ばすと下図のようになる。

曲線の調整



頂点の削除と曲線の調整を行うことで角が丸い四角形を作ることができる。

角が丸い四角形


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック