Arduinoの構成 -Arduinoで電子工作(02)-

Arduino(Arduino UNO Rev3)の購入時はパソコンのようにケースが無く、電子基盤がむき出しの状態になっている。

電源供給口やセンサーなどの接続口などが小さな基盤の中に収められている。

Arduino UNO Rev3



Arduino 上での主要な箇所は次の通りである。

Arduinoの主要箇所



  • リセットスイッチ
    • 押下すると処理をリセットする。
    USB Type-B
    • パソコンから動作命令となるプログラムを転送するポート。
    • USBケーブル接続時は電源供給される、
    DCジャック
    • 家庭用コンセントから電源を供給させるポート。7~12Vが推奨電圧。
    接続端子
    • デジタル・アナログの入出力端子。
    • 3.3V、5V、GNDの端子。
    確認LED
    • プログラムにより動作確認用に点灯させることができるLED。
    電源LED
    • Arduino に電力が供給されていれば点灯するLED。


USB及びDCジャック側は下図のようになっている。

ArduinoのUSBとDCジャック側



DCジャック側の接続端子は下図のようになっている。
各端子には利用できる仕様が決まっており、こちら側はアナログ入出力端子の他、電源とGNDなどがある。

DCジャック側の接続端子



USB側の接続端子は下図のようになっている。
こちら側はデジタル入出力端子が主となり、その他にはGNDなどがある。

USB側の接続端子



Arduino を動作させる場合には接続端子にセンサー等を配線し、電力を供給させるのが主な使い方となる。
動作を制御するためには別途パソコンと Arduino にプログラムを書き込むソフトウェア(無償)が必要となるが、簡単な動作確認であれば基盤上の"確認LED"を利用して動きを見ることができる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック