ミニリュウのコミュニティデイ -ポケモンGO-

2018年に入ってから毎月下旬に一日だけ(厳密には特定に日の3時間だけ)"コミュニティデイ"として特別なポケモンが出るイベントが開催されている。

第2回となる"コミュニティデイ"は2月24日(土) 12:00~15:00までの間で「ミニリュウ」が出るイベントが開催された。
さらにこのイベントの時間内に「ミニリュウ」を二段階進化させて「カイリュー」にすると特別技「りゅうせいぐん」を覚えるとあって開催前からTwitterなどでも期待度が高かった。

当日はいつもの運動公園(一周歩くと約1.5km、ポケストップ13個、ジム4個がある)で周回しながらミニリュウを集めてみようと時間前に到着した。
開催時間の30分前だったが、既にスマホ片手に歩いたり立ち話している老若男女がたくさんいた。

開催までの間はポケモンボールを確保しつつ、定刻の12:00になった。
始めの5分間はミニリュウが出たり消えたりで、ゲットしても違うポケモンになるなど非常に不安定な状態だったが、次第に本物のミニリュウとして捕まえられるようになった。
第一回目の"コミュニティデイ"ではピカチュウが大量に出たとのことで、画面内に10匹ほどいるピカチュウの画像を見たので一斉に沸いてくるかと思いきや、1匹、2匹がポツポツ出てくる程度で圧巻とまでは行かなかった。

第2回コミュニティデイ



さらに会場に対して人が多すぎるのか、ネットワークエラーで通信できなかったり端末のフリーズが頻発して全く安定しない。
リアルタイム検索で各地のイベント状況を見てみるとやはり同現象が発生していた。

初めてのポケモンGOイベントへの参加だったが、非常にストレスを感じたイベントだった。

そういう状況もあってか、イベントの終了期間は3時間延長されて18:00までとなった。
ただ、18:00まで延長されたことはゲーム画面からは知り得ることができず、リアルタイム検索で知ったので予定通り15:00で終えたユーザも多かったのではないだろうか。

そんな状況ながらもゲット確立が上がるスーパーボールやハイパーボールを惜しむこと無く使い、ゲットチャンスの様子があればアメが増えるパインの実を投入して大量のミニリュウをゲットできたのが幸いだ。

ミニリュウ



その中から2体だけカイリューに進化することができた。

カイリュー



その威力はと言うと相手ポケモンとの相性もあるだろうが、攻撃力はなかなかなものだ。
反して防御が低いのはHPが低いのか、ダメージに対する耐久度は低い。

次回のコミュニティデイは日曜日となり3月25日(日)12:00~15:00。
出てくるのは"フシギダネ"なのでよく見かけるポケモンだが、大量にアメを獲得するチャンスとともにネットワークエラーが出ないように調整してもらいたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック