Fireworksで省略図の作り方

WordやPowerpointなどで画面仕様書を作る時に縦に長い図やサイトキャプチャをそのまま貼り付けると見せたい箇所が示せないので、分割して貼り付ける際に省略を表す「省略図」が必要になったのでその画像を作成します。

 省略図の作成


1.自動シェイプを開く
Fireworks起動後に「ウィンドウ -> 自動シェイプ」でキャンバスに配置する図形サンプル一覧を表示します。

 自動シェイプを開く


2.波形をキャンパスにドラッグ
自動シェイプ内から「波形」を選択してキャンパスにドラッグすると波形が配置されます。

 波形の選択


3.デザインを変えてゆるやかな曲線にする
線を少し太くして、大きくするとともに、線プロパティから曲率と波の長さを調整します。

 波形の調整


4.塗りの領域を作成する
波形をコピーして貼り付け、「パスの結合」で1つにパス化します。

 コピーしてパス化

しかし、ここで色を塗っても山部分にしか色が付きません。

 塗りが適用される範囲


線と線の間に塗りを入れたいため、新たに図形を配置してパス化してしまいます。
まず波線の背面に四角形を配置します。
この時、配置する四角形は波形よりも横幅を小さくしておきます。

 四角形の配置


次に現在の波形は"線"の扱いとなり、塗り領域がある四角形とパスの操作ができないので塗り扱いにします。
ウィンドウ「パス」で波線だけを選択して「ストロークを塗りに変換」にします。

 波形を塗りにする


最後に波形と四角形を選択した状態でウィンドウ「パス」から「パスの型抜き」を行うと省略図のような型ができます。

 波形と四角形の型抜き


5.省略図の形を整える
型抜きした図形の上下にある不要なパスを削除し、大きさや色等を調整して省略図へ形を整えます。

 省略図へ成形


この流れで省略図が作成できます。
このままPNGで保存してもWord等へ貼り付けることができますが、キャンパスの大きさで白い背景色も残ったままになります。
背景色を透明にして省略図のみをスライスで別途PNGに書き出すと余分な箇所がなくいろいろなところで使える省略図が出来上がります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック