【年賀状だけではない】筆ぐるめで宛名印刷を 5 分で終わらせる方法


[初回公開] 2017年06月14日

年末が近づくと書店には年賀状のイラスト集が店頭に並び始め、その書籍にはイラストのデータとハガキへの印刷を簡単にするソフトとして「筆グルメ」が同梱されていること多いが、イラスト印刷だけでなく住所録の管理データベースがあるため手間と時間を最小限に宛名印刷する方法について紹介する。

【年賀状だけではない】筆ぐるめで宛名印刷を 5 分で終わらせる方法




1.筆ぐるめとは


筆ぐるめとは富士ソフトが開発販売するハガキへのイラストや宛名印刷を行うソフトウェアである。
年賀状を作成するシーズンとなる年末に店頭でよく見かけるが、パッケージ版には暑中見舞いや往復はがき、ビジネス用途など一年を通してさまざまイラストや文章が素材として収録されている。



また、住所録を登録保存できるデータベースが搭載されているので、住所録を登録しておけば前年送った相手の宛名印刷を数回のボタン操作で終了することができる。

2.筆ぐるめの価格


筆ぐるめのパッケージ版は店頭またはインターネットで 2,500 円前後で販売されていることが多い。
また、書籍に同梱されている筆ぐるめもあり、機能はパッケージ版に比べると縮小されているが書籍の販売価格で筆ぐるめを利用できる。

3.筆ぐるめで宛名印刷する方法


筆ぐるめで宛名印刷する方法としては、ソフトを起動した直後からイラスト印刷か宛名印刷かを選択することができ、説明書等がなくても直感的に利用することができる。



3-1.住所録を開く


筆ぐるめを起動すると最初に下図のようにナビの画面が表示される。
今回は既に住所録は作成しているものとし、ナビの画面より「住所録を開く」をクリックする。

筆ぐるめを起動


3-2.印刷したい住所を選択する


次に登録されている住所録の一覧が表示されるため、印刷したい住所録を表示する。
年賀状の他、暑中見舞いなど用途に応じて住所録を分けて管理することができ、複数の住所録がある場合は下図のように並んで表示される。

登録済みの住所録を選択


3-3.宛名を印刷する


住所録に登録されている宛名をハガキに印刷したい場合は、画面上部のボタン「印刷/メール」をクリックすると印刷するプリンタと、住所録内の宛名一覧が表示される。

住所録の印刷




印刷したい宛名にチェックを入れて再度「印刷」ボタンをクリックするとプリントアウトを開始する。

4.筆ぐるめのパッケージ版と書籍版の違い


筆ぐるめのパッケージ版と書籍に同梱されているバージョンの違いは、大きく「イラストの掲載数」と「写真の編集機能」の 2 点が挙げられる。

筆グルメのパッケージ版は年中及びビジネスでも利用できる素材が収録されているのに対して、書籍版は年賀状のみなど一部の季節のイラストや文字のみが収録されている違いがある。



また、筆ぐるめのパッケージ版にはくり抜きがあるイラストに自身で用意した写真を加工して添付することができる他、スタンプの貼り付けなどソフト内でデザインをくみ上げることができる。

5.筆ぐるめの総評


筆ぐるめの総評としては、年賀状や喪中はがきを短時間で作成したい場合に重宝する。
パッケージ版においては簡単な画像編集もできるため、写真点などで年賀状作成を注文しなくても独自で用意できる点も大きいが、Illustrator など本格的なデザインソフトを持っている場合は、本ソフトでは物足りない部分が多い。

特筆すべき点は宛名印刷であり、一度登録した住所録は翌年以降も継続して利用できるだけでなく、郵便番号や住所、氏名といったハガキ特有の書き方もソフトで補完してくれるので数回のマウス操作で何十件、何百件という宛名印刷も数分で終了するメリットは大きい。

【最新版】筆ぐるめ 29 宛名印刷・住所録プラス


前年送った宛名にはチェックが入る機能もあるため、過去にハガキを出した相手かどうかの管理も可能になっている。

関連記事


この記事へのコメント

2021年12月01日 15:30
昔から年賀状のムックに付いてたのが懐かしい(^o^)
引っ張り出してWindows10に入れましょうかね
365日システムエンジニア
2021年12月01日 21:14
もし昔の筆ぐるめでも、住所録をバックアップ用に出力できるようでしたら、新しい筆ぐるめにデータ移行できますよ。