紛失・盗難を防ぐ 100 均の microSD カードと USB メモリの保管ケース


[初回公開] 2016年08月03日

撮影した写真や音楽などがデータ化され、それが microSD カードや USB メモリといった小型の記憶媒体に簡単に保存してデータの移し替えができる時代だが、小型化されている分だけ紛失や盗難の危険性も増しており管理能力が問われている中、100 均に microSD カードなどを管理しやすい保管ケースがあるので紹介する。

紛失・盗難を防ぐ 100 均の microSD カードと USB メモリの保管ケース




1.microSD などを保管ケースで管理する必要性


microSD や USB メモリなど記憶媒体を保管ケースで管理する必要性としては、落下等による紛失と盗難を防止するためである。
microSD はスマホやデジカメで利用されることが多く、写真以外に個人情報に直結するさまざまなデータが保存されるため落下で紛失して第三者の手に渡ると悪用される可能性が高くなる。

また、microSD カードは指先程度の大きさの非常に小型な製品であるため複数所持していると紛失のリスクが高くなるとともに管理がずさんであると盗難に遭うリスクが高くなるため、保管ケースに入れることで銀行の通帳やハンコと同じように貴重品として管理しやすくなる。

2.100 均の microSD 保管ケースの特徴



100 均の microSD 保管ケースの外観


100 均で販売されている microSD カード及び USB メモリを保管するケースはクリアケースのため中に入れている状況が確認しやすくなっている。
1 つの保管ケースで microSD カードは 3 枚、SD カードは 3 枚、USB メモリは 5 本まで収納できるようになっており、保管ケース自体の大きさは銀行の通帳程度の大きさである。

100 均の microSD 保管ケースの開閉の様子


microSD カード等の保管ケースは両面が開くようになっており、片面に microSD カードと SD カードが収納でき、もう片面に USB メモリが収納できるようになっている。
収納時に開閉するフタが固いので少々開けづらい点はあるが、反対に捉えるとしっかり閉まっているのでカバン等にいれて勝手にフタが空く心配がない。

3.100 均のその他メディア媒体の保管ケース


100 均には上記の保管ケース以外にもコンパクトタイプのケースや、ゲームソフト類を収納ケースも販売されている。

100 均の microSD と SD カードに特化したケース


上図は 100 均で販売されている microSD と SD カードに特化したケースで、それぞれ 6 枚ずつ収納できる。
USB メモリは収納できないが、ケース自体の大きさが小さいためデスクの引き出しなどに保管しやすい。
また、microSD カード及び SD カードの形にくり抜かれているのでカード自体の出し入れがしやすい。

100 均のゲームソフトの保管に特化したケース


次に、同じく 100 均で販売されているゲームソフトの保管に特化したケースである。
最近のゲームソフトは SD カードより一回りも小さく設計されているため microSD カード等と同じく紛失と落下のリスクが高い。
そのため、専用の保管ケースが販売されているのでこれにまとめておくと管理がしやすく、紛失や盗難のリスクが減る。

関連記事