LG-21 ヨーグルトを 5 年以上食べ続けてわかった便秘解消と吐き気止めの効果


[初回公開] 2016年05月27日

腸内環境を良くすることは花粉症など体内に侵入した物質に対する過剰なアレルギー反応を抑制する効果があり、腸内環境を良くするために機能性ヨーグルトを食べ続けて 5 年以上経過し、便秘解消と吐き気止めという効果を体感したので紹介する。

LG-21 ヨーグルトを 5 年以上食べ続けてわかった便秘解消と吐き気止めの効果




1.機能性ヨーグルトとは


機能性ヨーグルトとは従来の果物の果肉や風味があるデザート扱いのヨーグルトとは異なり、腸内環境を整えるとともに特定の効果に期待される乳酸菌を多く含んだヨーグルトである。
デザート扱いのヨーグルトは 4 カップセットや大容量が入って安価に販売されているが、機能性ヨーグルトは 1 カップあたり 130 円前後で販売されておりやや高価だが飲食することでの副作用無しで良い影響を与える食品である。

機能性ヨーグルトは各社から乳酸菌の特徴と番号を形式化して商品名にしていることが多く、主に次のものがある。

  • R-1:抵抗力増加、インフルエンザ抑制作用。
  • LG-21:ピロリ菌現象作用。
  • BB-536:インフルエンザ発症予防作用。
  • LB-81:整腸作用。


2.LG-21 ヨーグルトとは


LG-21 ヨーグルトとは


LG-21 ヨーグルトとは食品メーカーの明治が製造販売する機能性ヨーグルトで、乳酸菌が胃で増殖して胃に留まりやすくなっているため整腸以外にピロリ菌の抑制といった胃への効果が高い。
LG-21 の正式名称は Lactobacillus Gasseri(ラクトバチルス ガセリ)の頭文字の L と G と、菌株ナンバーの 2 と 1 から来ている。



3.LG-21 ヨーグルトの便秘への効果


LG-21 ヨーグルトは 2 日に一度のペースで 5 年以上食べ続けている中で、便秘解消の効果があることがわかった。
ヨーグルトを食べる前は便秘がちで、週に一度はひどい腹痛を伴いながら一気に出す生活を送っていたが、LG-21 を食べ始めてからは出ない日はほぼ無く、あっても 2 日に一度は自然に便意を感じるようになった。
それでも毎回快便とはいかず、たまに溜まることはあるが溜まっても難なく出るように体質が変わった。

4.LG-21 ヨーグルトの吐き気止めへの効果


LG-21 ヨーグルトを食べ続けて効果が見られた 2 点目は、胃痛や時折発生する吐き気が各段に少なくなったことである。
ヨーグルトを食べる前は体調が悪いと胃痛や吐き気があり、しばしば胃薬を飲んでいたが LG-21 を食べ始めてからはそれらの症状を感じなくなっている。
また、前述した便秘による腹痛と一緒に吐き気も伴い非常に苦痛な体験が毎回あったが、今ではその症状も見受けられず体質の改善されたようである。

関連記事