家庭用ゲーム機の売却準備と売りに出した後のトラブルを防ぐ


[初回公開] 2016.04.01

家庭用ゲーム機はファミコンの頃とは違いゲームだけでなく写真や動画を楽しんだりネットワーク接続でさまざまな便利機能の付加と進化を遂げてきたがそれゆえに扱う情報によっては個人情報の漏洩や刑事事件に発展しかねない状態に陥るため、売却する場合は登録情報を削除するなどしっかりと準備する必要がある。

家庭用ゲーム機の売却準備と売りに出した後のトラブル




1.家庭用ゲーム機の買取をとりまく環境


昔のゲーム機本体はあくまでゲームソフトを動かす機器であり、パソコンやスマートフォンのようにゲーム機本体にファイルや個人設定を行うことがなく、各ゲームのセーブデータもソフト側(ファミコンであればカセット)かゲーム機本体とは別の媒体(PlayStation であればメモリカード)に保存していたのでゲーム機本体を中古取扱店に買取に出したり友人知人に売却するときは特に注意点はなかった。

しかし最近ではインターネットの普及によりゲーム機自体がネットワーク対応したことにより多くの個人情報に関わるデータが保存できるようになったとともに、買取に出す先も中古取扱店だけでなくインターネット上のオークションやフリーマーケットを利用した見ず知らずの人同士による個人間売買が行われるようになりゲーム機本体の売却には注意点が伴うようになり、トラブルや相談件数も増加傾向になる。

2.家庭用ゲーム機を売却した後のトラブルとは


セーブデータやオンラインサービスを利用するための個人アカウントがそのまま保存されたゲーム機本体を売却した場合、ゲーム機内のアカウントやセーブデータに本名を利用していると氏名が漏洩する。
また、PlayStation Network や Nintendo アカウントなどオンラインアカウントが残っていると、インターネット接続した際に不正にオンライン購入されたり、貯まっているポイントを不正利用される恐れがあるだけでなく、アカウントの設定によっては住所を閲覧できる場合もある。
動画や写真を保存している場合はその内容次第で多くの情報を読み取ることができてしまう。

氏名や住所が漏洩した場合のトラブルとしては詐欺に合う危険性が高まるだけでなく、インターネット上の掲示板などに書き込まれてしまうと氏名と住所の削除は非常に困難な状況に陥ってしまう。
そのため、下記のように保存されているデータは削除し、初期化して工場出荷時の状態にして売却しなければならない。

3.セーブデータを削除する


セーブデータを削除する前に、まずはバックアップを行う。
セーブデータはゲーム機によってはオンライン上にバックアップできる場合があるが、多くは microSD カードや USB メモリなど外部の記憶媒体に保存できる場合が多いので、ゲーム機本体のバックアップの項目またはゲームタイトルを選択してセーブデータのバックアップを実施する。
ゲームによってはセーブデータを microSD など外部記憶媒体に保存できず本体のみでしか保存できない場合があるのでその時はバックアップを諦めるしかない。
セーブデータのバックアップが終了すれば、ゲーム機本体の設定よりセーブデータを削除してもよいし、最終的に実施する本体の初期化でデータ削除が完了する。

また、PlayStation ではトロフィーというゲーム進行に応じて得られるスタンプのような機能があり、このトロフィーのバックアップは外部記憶媒体ではできないので PlayStation Network 上にオンライン同期して残す必要がある。



4.写真・動画データを削除する


ゲーム機本体に写真や動画ファイルを保存している場合はこちらも microSD カードや USB メモリなど外部の記憶媒体に保存しなおしてバックアップを行う。
ゲーム中のキャプチャ画像やプレイ動画など特に個人情報が含まれていない場合は削除を意識する必要がないが、オンラインプレイしているときのキャプチャ画像や動画はユーザ名が残っているので気になるようであれば削除しておいたほうがよい。

5.機器認証を解除する


PlayStation においては PlayStaion Network のアカウント一つにつき利用している端末情報がオンライン上で管理されている。
これはある機器で利用していたアカウントが他の機器でも不正ログインして利用されないように制限されているいわば安全策であるが、このアカウントと機器の紐付けを解除しておかなければゲーム機本体の売却後に新たにゲーム機を購入して同じ PlayStation Network アカウントを利用しようとしても使えなくなってしまう、
そのため、Sony Entertainment Network にログインして売却するゲーム機の情報を解除する必要がある。
この解除設定は PlayStaion Network ではできないので注意が必要である。

6.ネットワーク情報を削除する


PlayStation Network などオンラインサービスを利用するためにはインターネット接続するための情報をゲーム機本体に設定するが、そのネットワーク情報を削除する。
LAN ケーブルを利用した有線接続であれば PPPoE のプロバイダ情報を、Wi-fi を利用している場合は無線 LAN の SSID の情報を削除する。
どちらのネットワーク情報もゲーム機本体が変われば都度手動で設定するのでバックアップは必要無い。

特に注意が必要なのは有線接続している場合で、このプロバイダ情報が残ったままだと通信できる場所であれば第三者が接続できてしまうだけでなく、爆破予告など刑事事件に発展する書き込みを行われるとプロバイダ情報を元に捜査が行われて疑われるのは元所有者なので必ず消すようにする。



7.機器を初期化する


バックアップが一通り終わり、ファイルや設定など手動で削除できるものを削除した後に、ゲーム機本体を工場出荷時の状態に戻すために機器の初期化を実施する。
各設定やファイルは初期化により自動削除されるが、後述の復元が可能なので初期化だけに頼らないほうがよい。
また、機器の初期化はゲーム機本体のデータの記憶容量にも比例し、保存量が多いほど初期化にかかる時間が多くなる。
尚、初期化は端末の処理速度(搭載されている CPU の性能)にも左右されるが大よそ 80GB だと約 5 時間ほど要する。

8.最後に


ここまででデータの削除やゲーム機本体の初期化を行ってきたが、中古販売点に買取に出すにしてもインターネットオークションなど個人間で売買するにしても愛用したゲーム機は次も人の手に渡るので、利用した感謝と次に利用する人が気持ちよく使えるために購入時に同梱されていた付属品を揃えておくのと、コントローラーの汚れや本体のホコリを拭き取ってクリーニングしておくとよい。
そのため、購入時の箱や小袋は保存しておいたほうがよい。
もし売却せずに粗大ゴミに出すとしてもデータの削除と初期化を実施することをお勧めする。

関連記事


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック