Android対応のBluetoothキーボード -TK-FBP067BK-

先日スマートフォンにマウスやキーボードなど日ごろ使っているUSB機器を変換アダプタを介して接続する記事を書いたが、このアダプタと同時にAndroid対応でBluetoothで接続するキーボードも一緒に買っていたのでレビューする。

スマートフォンに直接USB機器を接続するとその稼動バッテリーは全てスマートフォン側で賄う必要があるのに対してBlueTooth機器を使うとバッテリーは個々の機器に委ねられるメリットがある。
接続ケーブルがない分、画面の置き場所にも苦労しない点も挙げられる。
->スマートフォンにUSB機器を接続する

今回購入したのはELECOMの「TK-FBP067BK」である。
Android対応となるとコンパクトなキーボードをイメージしてしまうが、店頭で実機を見てみるとそれなりの重さと大きさがあり、安定感があったので購入した。

 Android対応キーボード


キーとキーの間隔や押したときの感触は人によって好みが分かれるところではあるが、携帯型に特化したキーボードに比べるとキーとキーの間がつまりすぎて押し間違えるということもなく、押したときもしっかりと落ち込むので指に負担がかかることもない。

Andoroid対応というだけあってキーボード上部にはスタンドがあり、スマートフォンを置くことができる。

ベアリングはキー操作で、電源も専用ボタンがあるのでバッテリーの消費を抑制することもできる。

microUSBの端子があるのでスマートフォンからの電源供給も受けられるのだが、一点望みを言うと、PCと兼用して使う場合はPC側にBluetoothのレシーバが別途必要になるのでUSBで使えるとありがたかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック