【意外と高かった】ゲオでスマホと Switch 本体を買取してもらった価格を紹介


[初回公開] 2016年02月01日

不要になった古いスマホ本体とゲーム機の Switch 本体を手軽に換金するために中古買取を行っているゲオの店舗に持ち込んで買取価格を査定してもらった結果と、過去にも買取してもらったガラケとゲーム機本体の価格を紹介する。

【意外と高かった】ゲオでスマホと Switch 本体を買取してもらった価格を紹介




1.ゲオで買取してもらう方法


ゲオでスマホ本体やゲーム機などを買取してもらうためには店舗内のレジ横などに併設されている買取専用のカウンターで持ち込んだ商品を買取してもらいたい旨を伝える。
そこで買取してもらいたい商品を提示すると、買取価格の概算を見積として教えてもらうことができる。
スマホなど動作確認が必要な電子機器の場合は下図のように見積書が提示される。

ゲオの買取前の見積書


見積から買取価格が多少増額したり減額したりことはあるが、大きくは変わらないのでもし見積の段階で納得できなければ買取を取りやめることができる。
見積額を聞いてそのまま買取してもらうのであればより詳しく本体の動作確認等を行うためにしばらく時間を置くことになる。
スマホ本体 2 台とゲーム機 1 台の場合、約 60 分ほどで終了する。



動作確認を終えると呼び出しがかかるので、そこで改めて最終的な買取価格の提示があり、同意できれば買取の申し込み用紙の記入と身分証明書を提示することで買取価格分の費用を受け取ることができる。

2.ゲオでの買取価格の結果


ゲオでは過去に買取を 2 回依頼し、その買取価格の結果は次の通りである。
買取に出した商品はゲーム機本体と、スマホ・ガラケといった携帯電話である。

2-1.2021年05月のゲオの買取価格の結果


2021年05月にゲオへ計 3 点を店舗に持ち込んだ結果、16,400 円の買取価格になった。
持ち込んだ商品は次の通りである。
まず 1 点目が新品未使用の Switch Lite 本体である。

2021年05月のゲオでの買取価格


既に Nintendo Switch は所有していたが、予備機として Club NTT のポイントを Switch Lite 本体に交換したものの数ヶ月未開封のままだったので買取に出すことにした。

ゲオで買い取ってもらった Switch Lite の外観




買取に出す当時でオークションサイトなどでの Switch Lite 本体は 15,000 円から 21,000 円でやり取りされていた。
ゲオでは 13,000 円の買取価格となった。

Switch Lite の内容物の確認


[2021年12月12日 更新]
2021 年 12 月 12 日時点で店頭で開示されていた Switch Lite 本体の買取価格は 11,000 円となっており、新型 Switch が販売され旧型 Switch の需要が減っていることから Lite の方も下がってきていると思われる。

次いで、2 点目は HUAWEI のスマホ nova lite 2 である。

ゲオで買い取ってもらった HUAWEI nova lite 2 の外観


発売されてから 3 年ほど経過しており、スマホケースを装着して使用してきたのでキズがない状態である。

HUAWEI nova lite 2 の内容物


インターネット上では 2,000 円から 6,000 円ほどで売買されていた。
ゲオでは 3,000 円の買取価格となった。

最後に Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E である。

ゲオで買い取ってもらった Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E の外観


この機種は発売から 8 年以上経過しており、現在販売されている機種に比べるとスペックが低く、Android のバージョンアップができないため実用としては難しいが限定商品なのでインターネット上では高価格で販売されている場合もある。

Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E の内容物




残念ながら Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E はかなり使用しており本体にもキズがあるため内容物が全て揃った状態でもゲオでの買取ではジャンク扱いとなり 100 円の買取価格となった。

2-1.2016年02月のゲオの買取価格の結果


2016年02月にゲオへ計 2 点を店舗に持ち込んだ結果、5,200 円の買取価格になった。
持ち込んだ商品は次の通りである。
まず 1 点目が新品未使用の Nintendo 3DS 本体である。
Club NTT のポイントで交換したものとなり、未開封未使用のものをそのまま買取に出すことにした。

2016年02月のゲオでの買取価格


2 点目は GALAXY のスマホ SC-02B である。
このスマホはオークションサイトで美品中古として購入し、日常的に利用していたため使用感が本体に表れていた。
ちょうど査定してもらった時は携帯端末の買取の増額キャンペーン中ということもあり 2,000 円の買取価格となった。

3.ゲオでの買取の総評


ゲオでの買取の総評としては、発売から新しく損傷が少ないものであれば高価買取してもらえるので手軽に処分したいときに利用するとよい。
ただし、未開封未使用であったり限定商品でもゲオの店頭で販売する価格を上回ることはないため、プレミアが付いて高額になる商品は自身で値決めできるオークションサイトや個人売買できるアプリサービスを利用してインターネット上で販売するほうがよい。



今回のように定価 20,000 円ほどの Switch Lite の本体はメルカリなど個人間で売買すると未開封でも中古扱いになるので 18,000 円ほどで販売するのが相場のようである。
しかしこの 18,000 円からシステムの手数料と配送料を差し引かれ、手元に残るお金は 15,000 円ほどになるので梱包して配送窓口に持参する手間などと手元に残る金額を天秤にかけてインターネットで販売するかゲオのような店舗で買い取ってもらうかが判断基準となる。

ゲオの買取アップキャンペーン


また、ゲオでは一年に数回、買取強化期間がありスマホやゲーム機本体の買取価格が何割増になる買取アップキャンペーンが開催されることがあるのでキャンペーンに合わせて買取に出すのも手である。

関連記事


この記事へのコメント