車の買い替えで下取り価格が27万円だった

新車で購入してもうすぐ8年を迎える軽自動車があるのだが、車検を通すかどうか微妙な年数なので下取り査定してみた。

下取りはディーラーでも行ってくれるが、最近は中古車の買取販売専門業者の方が独自の売買ネットワークを持っていて高く買い取ってくれることもある。
廃車同然の車でもインターネットや業者専用のオークションで日本全国に呼びかけると部品が欲しい業者が買い取ってくれることもあるとのこと。
場合によっては走行できる状態で売るよりも部品に分けて売ったほうが儲かるという話も仕事で付き合いのあった業者から聞いた。

さて、連絡後の営業電話や訪問が面倒なので下取査定を次も新車で買うであろうディーラーと、中古車販売の"ガリバー"の2社にお願いした。

対象の車は2008年式の軽自動車。
期間限定の特別仕様書だがターボどころかナビとETCも付いておらず、CD対応のオーディオだけ搭載している。
走行距離は70,000km弱。

ディーラーの査定額は新車購入の見積もりと合せてなので下取り価格が抑えられる分、割引率が多い可能性もあるが15万円の提示だった。

対して"ガリバー"は27万円の提示。

2社でかなりの差がついた。
理由を尋ねると、やはり独自のネットワーク網があるのと台数が出ていない仕様とのこと。

手間はかかるが、今回の事例ではディーラーに下取りをお願いするよりは中古車業者にお願いした方が得をするようだ。

そういえば携帯電話はいろいろオプション付けると割引されることを強く聞かされるが、車は保険やらオプションで割引されることをぜんぜん聞かない。
[PR] チューリッヒ保険料見積もり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック