今までに見た映画でワーストに入る -神さまの言うとおり-

「だるまさんが殺した」とあの"だるまさんがころんだ"で殺人ゲームが行われている描写のCMがあった「神さまの言うとおり」を観た。

冒頭から地球上生物でもロボットでもないダルマが"だるまさんがころんだ"の鬼となり、動いた生徒を何らかの力で惨殺する。
はてしてダルマの正体は、どうしてそうなったか。

 神さまの言うとおり


冒頭そんな状態で、どうしてそうなったかまでの描写はあるが、授業中にいきなり乱入したダルマがいたというだけ。
クリアした主人公を待っていたのはこれまた人を食い物にする招き猫。

次いでこけしのステージ、マトリョーシカのステージと進むだけ。

最終ステージのマトリョーシカを終えて黒幕らしくものが出てきて終了。

あきらかに続編に続くような描写だがそんな情報もない。
後から知ったが原作漫画があるようなので完全な終わり方はないにしろ、ぷつっと切れる終わり方なので想像力もなにも働かない。
観ている人の消化不良感は相当なものだろう。

どうしてこんなゲームが開催されたのか、どうして高校生だけ対象なのか、どうして生き残りが神格化されたのか、中年ひきこもりが外に出た目的は?
推理させる糸口すら与えられていない。

ガンツのゲームワールドの世界観で、ライアゲームのような心理戦を盛り込みましたという小中学生向きな何でもあり設定だが、描写が血を出すものが多いので15歳以下への年齢制限が付いている。

映画館で観たら相当ストレスがたまるであろう映画だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック