地方テーマパークへ -瀬戸大橋とレオマワールド-

ゴールデンウィークは瀬戸大橋を経由して香川県にあるレオマワールドに行って来た。

レオマワールドは遊園地のようだが立派なテーマパークで、瀬戸大橋が開通して間もない頃に家族旅行で行った記憶がある。

今でこそテーマパークというとTDLやUSJが筆頭だが、当時は遊園地でありながらイメージキャラがいたりショッピングモールやエリアごとにコンセプトがあり遊園地とは違うものを感じていた。

残念ながら経営不振により何度か運営母体が変わったが今でも健在なテーマパークである。


ゴールデンウィークというとどこも混雑する。
その道中も例外ではなく、瀬戸大橋の途中にある与島パーキングエリアもいつになく交通量が多い。

 与島パーキングエリア


この日は天気も気温も良く、多くの人で賑わっている。
扱い的にはパーキングエリアだが、規模はサービスエリア並みである。

トイレを済ませ外に出るとある歌が聞こえてきた。

「メロンパンにはメロンが入って、ない♪」
「カレーパンにはカレーが入って、る♪」
「フランスパンにはフランスが入ってる、かもね♪」

与島を後にして本線に戻った際にはこの歌が頭から離れなくなった。
「かもね♪」がいい味を出している。


レオマワールドは香川県でも山側に位置している。
瀬戸大橋を通り過ぎた直後の坂出ICで降り、そのまま南下すると到着する。

駐車場は有料と無料の場所があり、11:00ぐらいに到着しても無料駐車場は満車ではなかった。

入場者もそこそこでそれほど待たずして入場券を購入して中に入ることができた。
この時はゴールデンウィークでこれほどの入場者数で大丈夫かと心配したほどだが、いざ乗り物を待ってみると30分待ちどころか1時間待ちがほとんどである。

 レオマワールド

もちろん入場券を購入する際にもスタッフから人が多いので混雑がある旨を了承するように言われたが駐車場からは想像できない人の多さである。

ちなみにゴーカートは2時間待ちで何とか乗ることができた。

夕方に近づいてくると帰宅者が増えたのか、10分から20分待ちに落ち着いた。


小さい頃は「レオマワールド」に行ったという記憶しかなく、どんなところで何に乗ったかは忘れてしまっていた。
今回再訪しても思い出すことはできなかったが、この入場ゲートが、アトラクションが昔と変わらず出迎えくれたと思うとなつかしい気持ちになる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック