FirefoxでHTMLソースエディタを変更する

ブラウザの"Firefox"はプラグインも豊富で一般的な利用の他、開発者にも有益な機能が多い。

反面、できることが多すぎるでIEですぐに変更できる箇所ができなかったりもする。
その中で、Webサイト表示時に右クリックして「ソースを見る」をした場合のエディタを指定するのもその一つだ。

下記が設定手順となる。

 ソースエディタ変更


1.機能の有効化

(1) URL欄に about:config と入力。

(2) 検索欄に view_source.editor.external と記入。

(3) view_source.editor.external をダブルクリックして値を true に変更。


2.エディタを指定

(1) URL欄に about:config と入力。

(2) 検索欄に view_source.editor.path と記入。

(3) view_source.editor.path をダブルクリックして表示されたダイアログに、エディタのフルパスを記入。

(4) OKをクリックして完了。


エディタのフルパスはWindowsであればCドライブの「Program Files」に入っていることが多いだろう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック