一人よりは三人、四人で -大乱闘スマッシュブラザーズ、amibo-

店頭でゲーム連動型フィギュアの"amibo"に興味が出たのでWiiU版の"大乱闘スマッシュブラザーズ"と同時購入した。

"大乱闘スマッシュブラザーズ"は任天堂から販売されているゲームの各シリーズから代表的なキャラが集結し、それらを操作して遊ぶ格闘ゲームだ。
昔から他のゲーム機種で発売されていたのは知っていたが実際に遊ぶのは今回が始めてである。

ゲームルールは簡単で、よくある格闘ゲームの体力(HP)が0になったら負けというものでなく、一定時間内のフェーズの中でステージから落ちた数や蓄積ダメージにより勝敗を決する。
簡単に言えば、相手キャラをステージからより多く吹っ飛ばしたり落としたら勝ちである。

 大乱闘スマッシュブラザーズとamibo


難しいコマンドは必要なく、必殺技の出し方は全キャラ共通である。
利用するボタンもほぼキャラ操作の十字キーと技の2つボタンだけなので適当にやっているだけでも遊べる。

反面、弱強攻撃のコンボも避けやすいし、囲まれると何もできなくなりシールドも貼れないので戦略性が無い点は物足りなさを感じる。


"amibo"は土台にICチップが入ったフィギュアで、WiiUのタッチパッドのIC読み取り部にかざすとデータを読み込み、敵キャラ等として参戦する。
参戦すればするほどレベルが上がり、数時間遊ぶとレベルは30を超え、相当強くなりこちらが勝てなくなる。
データは書き込むことができるので後日継続して利用することも可能。

そういえば前にも同様のICチップ内臓のゲーム筐体があったがあれと同じようなものだ。
->ICチップ内臓のガチャガチャ -データップ-


ストーリーは無いので一人よりは複数人で遊ぶ方がよいが、二人だとすぐに飽きそうだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック