古いスマートフォンをドライブレコーダーとして費用をかけずに再利用する方法


[初回公開] 2014年09月26日

携帯電話を買い替える際にこれまで利用してきたスマホ本体は買取に出したりそのまま保管していることが多いが、スマホのカメラとデータを記録する機能を活かしてドライブレコーダーとして再利用する方法について紹介する。

古いスマートフォンをドライブレコーダーとして費用をかけずに再利用する方法




1.古いスマートフォンの使い道の例


機種変更などでこれまで利用してきたスマートフォンが不要になった場合や、さらに何代も前の古いスマートフォンは中古品として買取に出すか、自宅にそのまま保管している人が多いが、10 年前のスマホでも用途によってはまだ現役として活用することができる。

スマートフォンは通話・通信するために通信業者から提供される SIM カードが必要になるが、SIM カードが無くてもカメラや電卓アプリなどは引き続き利用することができ、次の再利用が挙げられる。
 ・自宅や公衆 Wi-Fi でのみインターネットやアプリを楽しむ。
 ・デジタルカメラの代用にする。
 ・新しい機種が故障したときの予備機として保管する。
 ・まだ未所持の家族や知人に譲渡する。
 ・買取に出して生活の足しにする。
 ・ドライブレコーダーにする。

通信を行わないカメラや電卓アプリの他、Word や Excel などファイルを開くアプリも事前にスマホに入れておけば外出先でも利用できるので日常的に通話や通信で利用するスマホの他、古いスマホでそれら以外の用途で利用すればバッテリーの消費を抑える効果もある。

1-1.ドライブレコーダーの取り巻く環境


今回、記事タイトルにも書いたが古いスマートフォンをドライブレコーダーとして再利用する。
その前にドライブレコーダーというと車載カメラのことで、事故などで強い衝撃を受けた時にその衝撃より数十秒前からの様子を動画として保存し、保険や示談で証拠材料として利用するものだ。

タクシーなどには車外ではなく車内を録画するために搭載されていることが多く、事故以外にもタクシー強盗などの事件防止にも活用されている。
また、一般においては国道や高速道路を走行してその風景の様子を動画サイトにアップしていることも少なくなく、昨今ではあおり運転の情報提供、あおり運転に合わないための予防策としてもドライブレコーダーの車への搭載は注目されている。

1-2.スマートフォンをドライブレコーダーにする方法


古いスマートフォンをドライブレコーダーにする方法として、まずは次のものを用意する。
一般的に販売されているドライブレコーダーはカメラ本体の他、車に取り付けるパーツや電源ケーブル類が一式が揃っているので、購入すれば取り付けるだけでよいのに対して、スマートフォンを利用する場合はそれらの代替品が必要となる。

 1) カメラが搭載されたスマートフォン本体
 2) ドライブレコーダーアプリ
 3) 車載用電源ケーブル
 4) スマートフォンホルダーまたはスタンド

1-3.準備品(1) カメラが搭載されたスマートフォン本体


ドライブレコーダーの代替えとして一番重要なのがカメラと映像を記録する装置で、今回はそれをスマートフォンで代用する。
利用するカメラは外を録画するので、外向きで高画質のレンズを利用する。
広範囲に撮影する場合は、別途広角レンズを取り付けるとよいが若干画質が悪くなることある。

1-4.準備品(2) ドライブレコーダーアプリ


走行中はカメラの録画を常時続ける方法もあるが、録画した動画ファイルは録画時間が多いほどデータサイズが大きくなってしまうため、ドライブレコーダー用アプリで録画すると一定のファイルサイズで録画した映像を分割してくれるので後で見返す場合に見やすい。

また、最近では GPS を利用して録画の映像に合わせて走行した道順も保存してくれるアプリもあるが、GPS を利用するためには SIM カードや Wi-fi で通信しなければ利用できない場合があるので注意が必要である。

1-5.準備品(3) 車載用電源ケーブル


スマートフォンをドライブレコーダーにする際に、常時録画状態となりバッテリーの消費が多くなるため車のシガーソケットから電源を供給するのに利用される車載用電源ケーブルを用意する。

1-7.準備品(4) スマートフォンホルダーまたはスタンド


スマートフォンで外を録画するために車のダッシュボード等に固定するためにスマートフォンホルダーまたはスタンドが必要である、
運転手の方を向かず窓の外を見るドライブレコーダーにはダッシュボードの上やサンバイザーの横に設置するとよい。


2.ドライブレコーダー用のスマホアプリ


ドライブレコーダーとして外の様子を常時録画するのに、スマートフォンに既にインストールされているカメラアプリで録画する方法もあるが、ドライブレコーダー用のスマホアプリを利用する方が録画したデータの管理が非常に楽である。

通常のカメラアプリだと録画中は 1 つのファイルに録画されていくので本体のデータ保存領域(ストレージ)の利用率が上昇するのと、後から見直したい場合に目的の位置を探すのが大変である。
その点、ドライブレコーダー用のアプリは録画しているファイルのサイズが一定になると違うファイルに分けられるため後から確認しやすい。

また、違うファイルに分けられるタイミングで古い録画ファイルを削除するので、スマホ本体のデータ保存領域がいっぱいで録画できなくなるということが無くなる。

2-1.ドライブレコーダー用アプリの特徴


ドライブレコーダー用のアプリの特徴は前述した通り、録画ファイルを分割して保存してくれる他、次のような機能がある。

 ・強い衝撃を検知すると、前後何秒間ずつ映像を記録する。
 ・前方の車との車間距離が短くなると警告する。
 ・停車中に前方のクルマが発進すると音声で通知する。
 ・走行ルートを地図上に表示する。
 ・運転の車間距離やスピードなどから評価する。

今回は数あるドライブレコーダー用のアプリの中から AutoBoy を利用する。

2-2.ドライブレコーダー用アプリ AutoBoy とは


AutoBoy は無料版で利用できるドライブレコーダー用のアプリで、録画したファイルは自動的に古いファイルから削除され、一定のファイルサイズで区切って保存される。
無料版は広告が表示されるが、有償版は広告を非表示にして利用することができる。

AutoBoy


また、GPS を利用して録画映像と地図と連携して走行ルートと録画された地点がどこかを後から地図上で確認することが可能となっている。


3.車内でスマートフォンに電力を供給する


スマートフォンの問題として上位に挙げられるのがバッテリー切れの問題である。
通話やメールなど集中して使うと 100% だったバッテリーも 1 時間ほどで半分以下になることもあり、特に古いスマートフォンやタブレットにおいてはバッテリーが購入時よりも劣化してさらに電力の消費率が高く、すぐに充電が必要になることが多い。
特に常時録画状態にあるドライブレコーダーとして利用するために電源供給も安定して行うほうがよい。

3-1.電力供給するのに必要はシガーチャージャーと USB ケーブル


従来より車内で電力供給するためにはシガーソケットを利用してきたが、最近の車には USB ポートが搭載されていることもあり、車内でスマホなど携帯端末が利用しやすい環境にある。

シガーソケットを利用する場合はシガーチャージャーが必要となる、USB ポートを利用する場合にはスマートフォンまたはタブレットの充電で利用している USB ケーブルが必要となる。

前者のシガーチャージャーは車内のシガーソケットから電力を得る製品で、カー用品店などで購入することができる。
今回はエレコムが出している、microUSB 端子のケーブルと USB 端子が付いたシガーチャージャー"MPA-CCRMU21BK"を利用する。

MPA-CCRMU21BK




この製品の特徴は次の通りであり、車載充電機としては多機能である。
 ・コードが巻き取り型で未使用時は場所を取らない。
 ・USB ポートがあるのでもう一台充電が可能。
 ・電通時は LED が青く発光するので電力供給できているか一目でわかる。

また、後者の USB ケーブルは端末購入時に付属している充電ケーブルをそのまま利用でき、別途購入する場合は家電量販店で購入することができる。

3-2.シガーソケットを利用するシガーチャージャーを選ぶ時の注意点


シガーソケットはどの車も共通の形と大きさではあるため、シガーチャージャーを購入する場合は機能面で選択するが、スマホをドライブレコーダーとして利用する上でいくつか注意すべき点がある。

1) スマートフォンへの差込口が適合しているか
数年前のスマートフォンやタブレットの充電を行うケーブルの差し込み口は microUSB と呼ばれる形状の端子で、上下の形が違うタイプであった。
最近では USB Type-C と呼ばれる端子の上下の向きを気にすることなく差し込むことができる形状のものが多い。
今回のように古いスマートフォンやタブレットの場合は旧型の microUSB であることが多いのでシガーチャージャーのケーブル先端の形状は購入時によく確認する必要がある。
また、iPhone と Android 端末では端子の形が全く異なるので、利用する端末の OS がどちらかも確認必要がある。

2) シガーソケットからスマートフォンを設置する場所までの長いケーブル
ドライブレコーダーは一般的に前方を録画するので、スマートフォンやタブレットはダッシュボードに据え置きするか、ルームミラーの周辺に吊り下げることになる。
そのため、電力を供給するシガーソケットや USB ポートから端末を設置する場所まで遠い場合も考えられるので充電ケーブルの長さに注意する必要がある。
車によってはシガーソケットが床近くにある場合があるので、そこからダッシュボードまでは 1.0m から 1.5m ほどのケーブル長があるとよい。
上記の製品はケーブルの長さが 90cm あるが、設置する関係上、販売されている製品のケーブル長が足らなければ延長ケーブルも家電量販店で購入できる。





4.スマートフォンを車載する


一般的に売られていているスマートフォンの車載スタンドやホルダーは手元で操作できるようにエアコンの通風口やドリンクホルダー周辺に設置するものが多い。
ダッシュボードに設置するタイプも増えてきてはいるが、ダッシュボードが平らであることとドライブレコーダー用にカメラ部分が外向きに設置できることが条件となる。

残念ながら私が乗っている車はダッシュボードに平らな面が無いため、市販のスタンド類では設置が難しいのと、仮に無理やり設置しても吸着面に粘着物が残る恐れがあるのでこの手のものは使わないことにした。
以前、他のサイトで携帯ゲーム機やスマートフォンのスタンドを自作している写真を見たことがあり、今回はその方法を取ることにした。
まだ簡易設置段階だが、実際に車載すると下図のようになる。

スマートフォンを車載する


4-1.車載するためのソフトワイヤー


スマートフォンの固定にはホームセンターで販売されているソフトワイヤーを利用している。
ソフトワイヤーは 100 円均一の店舗では「ねじり棒」や「ねじねじ棒」という商品で販売されていることがあり、針金をウレタンで包んだもので自由に変形させて形状を作ることができる。

また、ホームセンターにも類似のものがあり、金具のコーナーに NITE-IZE(ナイトアイズ)の GEARTIE という針金の回りをゴムで覆た製品がある。

ソフトワイヤー GEARTIE




写真のものが一番長く、ワイヤーの直径も大きくしっかりしている。
販売価格は 1,000 円弱 で他には3種類あり、ワイヤーの両端にもゴム状の滑り止めが付いているので設置しても滑ることがない。
ソフトワイヤーを使えば、ダッシュボードが湾曲していても載せることができ、接着しないので脱着も簡単で後も残らない。

問題点があるとすると、写真の形態だとブレーキ時は前のめりになるので落ちないが、カーブを曲がる際と急な発進時にはスマートフォンが安定せず落ちてくる。
また、しっかり固定できていないので道路の凹凸やエンジン回転による振動がダッシュボードを伝ってくるので撮影した動画は細かくブレてしまう。


5.スマートフォンで撮影したドライブ映像の様子


上記の内容で実際にスマートフォンをドライブレコーダーとして利用して録画した様子が次の動画である。
映像はある年のゴールデンウィークに岡山県から香川県に架かる瀬戸大橋を通過した際の様子である。



スマートフォンはソフトワイヤーで載せているだけでしっかり固定されている状態ではないくエンジンや道の凹凸による振動が多いものの、動画を見るかぎりでは大きく振動していないのがわかる。
手ぶれ機能があるスマホならもう少し振動が軽減されると思われる。

5-1.古いスマートフォンをドライブレコーダーにする問題点


今回、古いスマートフォンをドライブレコーダーとして再利用する中で問題が発覚したことが 1 つある。

それは今回撮影したのが 5 月初旬で日差しがやや強い日ということが関係してか充電しながらダッシュボードに置いて録画するとスマートフォン自体にかなりの熱を持ってしまい Android の OS が高温検知で強制終了する事象が発生した。

これは録画状態を続けるだけでも熱を持ちやすいところ、充電によるバッテリーの温度上昇と日差しを受けてさらに温度が上がったためと考えられる。
対策案としてはスマートフォンに日よけを付けるか、常時電源供給を止めてバッテリーでの利用が挙げられる。

5-2.古いスマートフォンをドライブレコーダーとして再利用できるのか考察


使わなくなった古いスマートフォンをドライブレコーダーとして再利用できるかどうかの結論としては「スマートフォンはドライブレコーダーとして利用できる」と考える。

昨今のあおり運転のトラブルや事件の問題があり、より省バッテリーで高機能なドライブレコーダー向けアプリが多く出てきており、スマートフォンのカメラの性能も格段に上がっているので正規製品として販売されているドライブレコーダーの代用として十分活用できる。

もちろん正規のドライブレコーダーを車に搭載する方がバッテリーの問題や撮影される視覚範囲など適している面は多いが、反面、ドライブレコーダーを搭載している安心感からか録画保存するための microSD カードが破損していて録画できていなかったり、カメラが故障しているのに気が付かずに乗り続けているという問題もある。
その点、スマートフォンをドライブレコーダーとして利用すれあれば乗車時に必ず録画の状態を確認できるので常に電源が入っていること、容量不足かどうかも画面操作でわかり録画できていない状態を避けられる良い点もある。

関連記事