古いスマートフォンを SIM カードが無くてもドライブレコーダーとして再利用する


[初回公開] 2014年09月26日

新しいスマートフォンが次々出る中、新しい機種にすると今まで使っていた古いスマートフォンは買い取りに出したり家族や知人に譲ったりと再利用の道を検討するが、本来のスマートフォンの使い方から目線を変えてカメラとデータ記憶機能に着目してドライブレコーダーとして利用してみる。

古いスマートフォンを SIM カードが無くてもドライブレコーダーとして再利用する




1-1.買い換え後の古いスマートフォンの使い道は


機種変更や中古で購入したスマートフォンは通話・通信に必要な SIM カードがあれば通常のスマートフォンの利用として通話・通信が可能だが、SIM カードが無ければカメラや電卓アプリ程度しか起動することができず、利用用途が非常に狭くなる。
SIM カードが入っていないスマートフォンの用途としては主に次のような内容が考えられる。
 ・自宅や公衆 Wi-Fi でのみインターネットやアプリを楽しむ。
 ・デジタルカメラの代用にする。
 ・新しい機種が故障したときの予備機として保管する。
 ・まだ未所持の家族や知人に譲渡する。
 ・買取に出して生活の足しにする。
 ・ドライブレコーダーにする。

通信を行わないカメラや電卓の他、Word や Excel などファイルを開くアプリは屋外に出る前に、自宅等の無線LAN(Wi-Fi)でインストールしておけば外出先でも利用できるので特に通話・通信に拘らなければ利用は可能だ。

1-2.ドライブレコーダーの取り巻く環境


今回、記事タイトルにも書いたがスマートフォンをドライブレコーダーとする活用を考えてみた。
ドライブレコーダーというと車載カメラのことで、事故などで強い衝撃を受けた時にその衝撃より数十秒前からの様子を動画として保存し、保険や示談で証拠材料として利用するものだ。
タクシーなどには車外ではなく車内を録画するために搭載されていることが多く、事故以外にもタクシー強盗などの事件防止にも活用している。
一般人は国道や高速道路を走行してその風景の様子を動画サイトにアップしていることも少なくないが、昨今ではあおり運転の情報提供、あおり運転に合わないための予防策としてもドライブレコーダーの車への搭載は注目されている。

1-3.スマートフォンをどのようにドライブレコーダーにするか


商品として販売されているドライブレコーダーはカメラ本体や車に取り付けるパーツや電源類など一式が揃っているので購入すれば取り付けるだけでよいのに対して、スマートフォンを利用するとなると不足しているものあり事前に準備が必要だ。
スマートフォンをドライブレコーダーとして活用するためにには次のものが必要だ。
 1) カメラが搭載されたスマートフォン本体
 2) ドライブレコーダーアプリ
 3) 車載用電源ケーブル
 4) スマートフォンホルダーまたはスタンド

1) 車の外を撮影するカメラはスマートフォンに搭載されているハードウェアを利用する。
もちろんカメラが無かったり故障していると録画できないので正常に利用できるカメラが必須である。

2) ドライブレコーダー用アプリは、録画を開始すると一定時間でスマートフォンがスリープモードに入ることなく常時録画してくれる。
また、録画した動画ファイルは録画時間が多いほどデータサイズが大きくなるが、ドライブレコーダー用アプリは一定のファイルサイズごとに動画を分割して保存してくれるので容量いっぱいまで増えることがない。
短時間であればスマートフォン標準搭載のカメラアプリで代用することも可能である。

3) 車載用電源ケーブルは常時録画し続けるスマートフォンのため、車のシガーソケットから電源を供給するためのケーブルである。
バッテリー残量を気にしないのであれば不要である。

4) スマートフォンを車のダッシュボード等に固定するホルダーまたはスタンドである。
カップホルダーや空調口に固定するスタンドもあるが、あくまでそれらは運転手に面して作られているので、運転手の方を向かず窓の外を見るドライブレコーダーにはダッシュボードの上やサンバイザーの横に設置するとよい。



2-1.ドライブレコーダーとして利用するスマホアプリは


ドライブレコーダーは常時録画しているものや衝撃時にその前後何十秒の状態を動画として記録する製品のため、スマートフォンで代用する場合は走行中において常時録画状態で設置しておけばスマートフォンの初期購入時にインストールされているカメラアプリでも代用は可能である。
しかし、撮影中は延々動画が溜まっていくので本体のデータ保存領域(ストレージ)の利用率が上昇するのと、録画されたデータは1つのファイルになるので長時間の録画となると後々見たい箇所を探すのは大変である。
また、本来のスマートフォンの役割となる通話・通信ができる状態(SIM カードが挿入されている状態)であれば、録画中に電話やメールを受信すると録画が止まってしまうこともある。
その点、ドライブレコーダーとしての利用を想定したアプリは最も古い録画ファイルを消して新しい動画ファイルを生成するのでドライブレコーダーとして利用するデータ保存領域(ストレージ)は常に一定に保たれ、一定時間ごとに動画ファイルを分けて保存してくれるので後から見たいシーンを探すのが容易である。
着電、着信の他、スリープに入る時間になっても手動で停止しない限り録画し続けてくれる利点もある。

2-2.ドライブレコーダーアプリの特徴は


ドライブレコーダーとして提供されているアプリをいくつか利用してみたが、人気があるアプリは確かに高機能でインターフェイスも使いやすい。
しかし高機能がゆえに GPS で位置情報が取得出来るスマホであることや通信ができることが前提で動作するアプリが多く、今回の記事のように使い古して SIM カードが入っていないスマートフォンを再活用するには不向きなアプリが多い。
いくつかあるドライブレコーダー向けアプリ中から今回は"AutoBoy"というドライブレコーダーアプリを利用することにした。

2-3.AutoBoy とは


ドライブレコーダーアプリの"AutoBoy"は SIM カードが無くても録画ができる無料アプリだ。
無料版は広告が表示されるが、有償版を購入すると広告を除去して利用することができる。

AutoBoy


前述した通り録画したファイルは自動的に古いファイルから削除され、一定のファイルサイズで区切って保存される。
GPS で位置情報が取得できる場合は録画と地図との連携も可能となっている。



3-1.車内でスマートフォンに電力を供給する


スマートフォンの問題として上位に挙げられるのがバッテリー切れの問題である。
通話やメールなど集中して使うと 100% だったバッテリーも 1 時間強で半分以下になることもあり、古いスマートフォンやタブレットではバッテリーが購入時よりも劣化して電力の消費率も高く、すぐに充電が必要になることが多い。
特に常時録画状態にあるドライブレコーダーでは電源供給も安定して行うほうがよい。

さて、車の中で電気機器を使うことは稀なため、キャンピングカーや防災時の避難場所として車を代用する場合の除き、ほとんどの車にはコンセントは設置されていない。
そこで簡単に車から電力を供給するために昔の車から搭載されているシガーソケットを利用したりや、最近の車であれば USB のコネクタが搭載された車が増えて来ており大量な電力を必要とする家電以外であれば車での中でも利用できる状況にある。

3-2.電力供給するのに必要はシガーチャージャーと USB ケーブル


一般的な車内で電力供給するためにはシガーソケットか USB コネクタを利用するが、シガーソケットを利用する場合はシガーチャージャーが必要となる、USB コネクタを利用する場合にはスマートフォンまたはタブレットの充電で利用している USB ケーブルが必要となる。
後者の USB ケーブルは端末購入時に付属している充電ケーブルをそのまま利用でき、別途購入する場合は家電量販店で購入することができる。

対して前者のシガーチャージャーは車にしか内シガーソケットから電力を得るため、主にカー用品店で購入することができる。
今回はエレコムが出している、microUSB 端子のケーブルと USB 端子が付いたシガーチャージャー"MPA-CCRMU21BK"を利用することにした。

MPA-CCRMU21BK




この製品の特徴は次の通りであり、車載充電機としては多機能な方である。
 ・コードが巻き取り型で未使用時は場所を取らない。
 ・USB ポートがあるのでもう一台充電が可能。
 ・電通時は LED が青く発光するので電力供給できているか一目でわかる。

3-3.シガーソケットを利用するシガーチャージャーを選ぶ時の注意点


幸いにしてシガーソケットはどの車も共通の形と大きさではあるが、いくつか注意すべき点がある。
シガーチャージャーは安いものであれば数百円のものもあるが、所有しているスマートフォンが充電できるかの他に、コードの長さも重要である。
主に次の点に注意して製品を選択する必要がある。

1) スマートフォンへの差込口が適合しているか
依然のスマートフォンやタブレットであれば microUSB と呼ばれる形状の端子で、上下の形が違うので差し込み口を確認して指す必要があったが、最近の主流は USB Type-C と呼ばれる向きを気にせず差し込むことができる形状のものが多い。
今回のように古いスマートフォンやタブレットの場合は旧型の microUSB であることが多いので端子の形状は購入時によく確認する必要がある。
また、iPhone と Android 端末では端子の形が全く異なるので、利用する端末の OS がどちらかも確認必要がある。

2) シガーソケットからスマートフォンを設置する場所までの距離
ドライブレコーダーは一般的に前方を録画するので、スマートフォンやタブレットはダッシュボードに据え置きするか、ルームミラーの周辺に吊り下げることになる。
そのため、電力を供給するシガーソケットや USB コネクタから端末を設置する場所まで遠い場合も考えられるので充電ケーブルの長さに注意する必要がある。
車によってはシガーソケットが床近くにある場合があるので、そこからダッシュボードまでは 1.0m から 1.5m ほどあるとよい。
上記の製品は 90cm あるが、私の車はシガーソケットがほぼ床に近いのでダッシュボードまでギリギリとなり、ルームミラーから吊り下げることは難しい状況にある。
もし設置する関係上、販売されている製品のケーブル長が足らなければ延長ケーブルも家電量販店で購入できるので、これがあれば距離を気にする必要がなくなる。





4-1.スマートフォンを車載する


一般的に売られていているスマートフォンの車載スタンドやホルダーは手元で操作できるようにエアコンの通風口やドリンクホルダー周辺に設置するものが多い。
ダッシュボードに設置するタイプも増えてきてはいるが、ダッシュボードが平らであることとドライブレコーダー用にカメラ部分が外向きに設置できることが条件となる。
残念ながら私が乗っている車はダッシュボードに平らな面が無いため、市販のスタンド類では設置が難しいのと、仮に無理やり設置しても吸着面に粘着物が残る恐れがあるのでこの手のものは使わないことにした。
以前、他のサイトで携帯ゲーム機やスマートフォンのスタンドを自作している写真を見たことがあり、今回はその方法を取ることにした。
まだ簡易設置段階だが、実際に車載すると下図のようになる。

スマートフォンを車載する


4-2.車載するためのソフトワイヤー


スマートフォンの固定にはホームセンターで販売されているソフトワイヤーを利用している。
ソフトワイヤーは 100 円均一の店舗では"ねじり棒"や"ねじねじ棒"という商品で販売されているらしく、針金をウレタンで包んだもので自由に変形させて形状を作ることができる。
ただ、最近では簡易 DIY のブームもあり 100 円均一の店舗でも見かけるようになった。

ホームセンターに類似のものが無いかと探したところ、"カインズホーム"では金具のコーナーにNITE-IZE(ナイトアイズ)の"GEARTIE"という中は針金だが、回りはゴムで覆われた商品が売られていた。

ソフトワイヤー GEARTIE




写真のものが一番長く、ワイヤーの直径も大きくしっかりしている。
販売価格は 1,000 円弱 で他には3種類あり、用途に応じて使い分けられるようだ。
ワイヤーの両端にもゴム状の滑り止めが付いているので設置しても滑ることがない。
ソフトワイヤーを使えば、ダッシュボードが湾曲していても載せることができ、接着しないので脱着も簡単で後も残らない。

問題点があるとすると、写真の形態だとブレーキ時は前のめりになるので落ちないが、コーナーリング時と急な発進時にはスマートフォンが安定せず落ちてくる。
また、しっかり固定できていないので道路の凹凸やエンジン回転による振動がダッシュボードを伝ってくるので撮影した動画は細かくブレている。



5-1.スマートフォンで車載して撮影した動画はどう映るか


ある年のゴールデンウィークに岡山県から香川県に架かる瀬戸大橋を通過した際にスマートフォンをダッシュボードに設置してドライブレコーダーアプリ"AutoBoy"を起動して録画した動画が次ぎのものである。



スマートフォンを固定しているのが車にしっかりと固定しておらずソフトワイヤーで載せているだけの状態なのでエンジンや道の凹凸による振動が多いが、動画を見るかぎりでは大きく振動しているようには見えないので手ぶれ機能があるスマホならもう少し振動が軽減されるかもしれない。

5-2.スマートフォンをドライブレコーダーにする問題点


今回、スマートフォンでドライブレコーダーとして利用する中で問題が発覚したことがあり、今回撮影したのが 5 月初旬で日差しもやや強い日ということが関係してか充電しながらダッシュボードに置いて録画していたのでスマートフォン自体にかなりの熱を持ってしまい Android の OS が高温検知で強制終了する事態となった。
これは録画状態を続けるだけでも熱を持ちやすいところ、充電によるバッテリーの温度上昇と日差しを受けてさらに温度が上がったようだ。
対策案としてはスマートフォンに日よけを付けるかバッテリーが減ったと感じるところで充電させるか運用での回避が必要だ。

5-3.スマートフォンをドライブレコーダーとして再利用できるのか


使わなくなった古いスマートフォンをドライブレコーダーとして再利用できるかどうかの結論としては「スマートフォンはドライブレコーダーとして利用できる」と考える。
昨今のあおり運転のトラブルや事件の問題があり、より省バッテリーで高機能なドライブレコーダー向けアプリが多く出てきており、スマートフォンのカメラの性能も格段に上がっているので正規製品として販売されているドライブレコーダーの代用として十分活用できる。
もちろん正規のドライブレコーダーを車に搭載する方がバッテリーの問題や撮影視覚範囲など適している面は多いが、反面、ドライブレコーダーを搭載している安心感からか録画保存するための SD カードが破損していて録画できていなかったり、カメラが故障しているのに気が付かずに乗り続けているという問題もあるので、スマートフォンであれば乗車時に必ず状態を確認できるので常に電源が入っていること、容量不足かどうかも画面操作でわかり録画できていない状態を避けられる良い点もある。

関連記事


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック