SIMカードが無くても古いスマートフォンをドライブレコーダーで再活用する -その1-


[初回公開] 2014年09月26日

新しいスマートフォンが次々出る中、新しい機種にすると今まで使っていた古いスマートフォンは買い取りに出したり家族や知人に譲ったりと再利用の道を検討するが、本来のスマートフォンの使い方から目線を変えてカメラとデータ記憶機能に着目してドライブレコーダーとして利用してみる。

スマートフォンをドライブレコーダーにする




1.買い換え後の古いスマートフォンの使い道は


機種変更や中古で購入したスマートフォンは通話・通信に必要な SIM カードがあれば通常のスマートフォンの利用として通話・通信が可能だが、SIM カードが無ければカメラや電卓アプリ程度しか起動することができず、利用用途が非常に狭くなる。
SIM カードが入っていないスマートフォンの用途としては主に次のような内容が考えられる。
 ・自宅や公衆 Wi-Fi でのみインターネットやアプリを楽しむ。
 ・デジタルカメラの代用にする。
 ・新しい機種が故障したときの予備機として保管する。
 ・まだ未所持の家族や知人に譲渡する。
 ・買取に出して生活の足しにする。
 ・ドライブレコーダーにする。

通信を行わないカメラや電卓の他、Word や Excel などファイルを開くアプリは屋外に出る前に、自宅等の無線LAN(Wi-Fi)でインストールしておけば外出先でも利用できるので特に通話・通信に拘らなければ利用は可能だ。

2.ドライブレコーダーの取り巻く環境


今回、記事タイトルにも書いたがスマートフォンをドライブレコーダーとする活用を考えてみた。
ドライブレコーダーというと車載カメラのことで、事故などで強い衝撃を受けた時にその衝撃より数十秒前からの様子を動画として保存し、保険や示談で証拠材料として利用するものだ。
タクシーなどには車外ではなく車内を録画するために搭載されていることが多く、事故以外にもタクシー強盗などの事件防止にも活用している。
一般人は国道や高速道路を走行してその風景の様子を動画サイトにアップしていることも少なくないが、昨今ではあおり運転の情報提供、あおり運転に合わないための予防策としてもドライブレコーダーの車への搭載は注目されている。

3.スマートフォンをどのようにドライブレコーダーにするか


商品として販売されているドライブレコーダーはカメラ本体や車に取り付けるパーツや電源類など一式が揃っているので購入すれば取り付けるだけでよいのに対して、スマートフォンを利用するとなると不足しているものあり事前に準備が必要だ。
スマートフォンをドライブレコーダーとして活用するためにには次のものが必要だ。
 1) カメラが搭載されたスマートフォン本体
 2) ドライブレコーダーアプリ
 3) 車載用電源ケーブル
 4) スマートフォンホルダーまたはスタンド

1) 車の外を撮影するカメラはスマートフォンに搭載されているハードウェアを利用する。
もちろんカメラが無かったり故障していると録画できないので正常に利用できるカメラが必須である。

2) ドライブレコーダー用アプリは、録画を開始すると一定時間でスマートフォンがスリープモードに入ることなく常時録画してくれる。
また、録画した動画ファイルは録画時間が多いほどデータサイズが大きくなるが、ドライブレコーダー用アプリは一定のファイルサイズごとに動画を分割して保存してくれるので容量いっぱいまで増えることがない。
短時間であればスマートフォン標準搭載のカメラアプリで代用することも可能である。

3) 車載用電源ケーブルは常時録画し続けるスマートフォンのため、車のシガーソケットから電源を供給するためのケーブルである。
バッテリー残量を気にしないのであれば不要である。

4) スマートフォンを車のダッシュボード等に固定するホルダーまたはスタンドである。
カップホルダーや空調口に固定するスタンドもあるが、あくまでそれらは運転手に面して作られているので、運転手の方を向かず窓の外を見るドライブレコーダーにはダッシュボードの上やサンバイザーの横に設置するとよい。

スマートフォンをドライブレコーダーとして活用するための準備物の中から次回はドライブレコーダーアプリについて紹介する。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック