ハーバーランドとアンパンマンミュージアム -有馬温泉(1)-

毎年1月から3月は年度末納品の案件のため残業と休日出勤という激務の日々を過ごし、休養と気持ちの切り替えのため宿泊を伴う旅行をしている。

昨年は始めて城崎へ温泉旅行し、想像以上に良かったので今年も温泉メインで検討し、兵庫県の有馬温泉に行くことにした。
有馬温泉はハーバーランドから車で30分程度の場所なので、一日目はハーバーランド周辺で過ごし、夜は有馬へ、二日目は天候と体調次第ということで朝起きて決めることにした。
->美味しい天ぷらを釣りましょう -城崎温泉(1)-
->情緒溢れる温泉街と旅館 -城崎温泉(2)-

 ハーバーランド


当初は天候が良くない予報だったが、気持ちよく晴れて観光日和となった。
平日金曜日に行ったにも関わらずかなりの人が来ている。
春休みの影響か、子供が多いかもしれない。

以前は遊園地だった場所に"アンパンマンミュージアム"ができ、小さな子連れの親子がこぞってそこに向かっている。
半年ほど前に来たときに初めてそれを知ったものの、夜だったので閉館して入れなかったので今回は入館してみる。
->神戸に行ってきた2013 -ハーバーランドとIKEA-

 アンパンマンミュージアム


建物の構造は1階はショッピングモール、2階は展示場とイベントホールとなっている。
1階は自由に出入りできるが、2階は別途入場料が必要。

ミュージアムだが、絵や資料があるのではなくアンパン関連の大きな遊具がいくつかある程度。
子供がいれば遊んでいられるが、もし大人だけで行くと10分もせずに全てを見尽くしてしまうかもしれない。
ちなみに大人も子供も入園料は1,500円。

館内のイベントホールではアンパンマンの着ぐるみショーが開催されている。
ミニスカート&チビTシャツ姿のお姉さんがMCの中、ショーが進行される。
子供はアンパンマンに釘付け。
お父さんはお姉さんに釘付け。

ちなみに該当時間外は大画面でアンパンマンが上映されている。

店舗の大半がアンパンマンミュージアムに隣接する"umie"に集約されていろいろな種類があるので一時期より来客数が増えたのではないかと思う。

立体駐車場と"umie"本体、モザイクと連絡通路が確保されているのはありがたい。


夕方になり有馬温泉に車で向かうがちょうど帰宅ラッシュと重なってしまい、通常30分で行けるところ一時間かかってしまった。
途中2車線から1車線になる箇所があり、有馬温泉に向かう車線は大渋滞でその車線に入ろうと戸惑っていると後方のバスからクラクションを鳴らされた。
迷惑かけてしまっているなと思い、なんとか車線に入れてもらえたが、追い越していったバスを見ると「回送」と表示。
「帰るとこかい」と申し訳なさが無くなった。

ロゴやサービス名が入った社用車の運転は運転内容だけでなく運転している姿(飲食中や電話しながら)ですらクレームの対象になるので、反面教師と自分に言い聞かせる。

渋滞とクラクションでイライラが収まらないまま旅館についたが、スタッフの良接客スタンスで落ち着いた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック