さすが最後の作品 -踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望-

テレビ放送されて録画していた"踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望"をようやく観れた。

前作の「THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ」はドラマや映画で出てきた犯人が再出演して独自の世界感があったが、新しい場所と新しい人物も出てきたのと、おなじみのテーマ曲が無かったのでやや消化不良のところがあった。

今回の「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」もオープンニングに差し掛かるレインボブリッジの画でテーマ曲とは別のものが流れたのでこのリリーズも新しいステージに来たのだと思ったが、しっかりといつもの曲が流れたのを聞いて、この作品はやはりこのテーマ曲だと感じた。

 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望


ストーリーは前作を布石に展開し、シリーズ最後なので話としても無事着地した。
「新たなる希望」は青島を継ぐ者という意味の他にも、全体を通してのコンセプトも光が見えた形だ。

見えいて思ったが、青島=緑のロングコートが定着している。
そのせいか、このシリーズは冬ばかりだ。
ストーリーもクリスマス間近の設定なのでイルミネーションがあるシーンもあり、そういえばもう年末かと思い出した。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック