jQueryを中心によくあるパーツ例集 -Webデザインテクニックブック-

最近はWebサイトよりはWebシステムやメール関連の案件が多く、コンテンツの見せ方よりは操作性や直感性の方を重視されている。

Webシステムの画面となると機能ごとにボタンがあり、クリックするとその機能を操作する画面が表示されるというものだが、複雑なシステムになるほどその画面遷移や構成は難しくなる。

幸い、ブラウザやパソコンのスペックが上がったおかげでサーバサイドだけでなくクライアント側(ブラウザ)でも動的処理が一般的になっているのでメニューボタンや画面遷移せずとも表示する情報を切り替えられるのがありがたい。

そうなると避けて通れないのがJavaScriptであり、ベースとなってくるのがjQueryとなる。
パソコンで調べるよりはすぐに見れるようにするためと、Webサイトの案件が来たときすぐ対応できるように今のスタンダードを知っておくために"Webデザインテクニックブック"というWeb従事者向けの本を購入した。

 Webデザインテクニックブック


タイトルに"Webデザイン"とあるのでレイアウトやデザインよりに感じる。
実際に用途別にレイアウトを紹介しているが、詳細に見ていくとjQueryの内容も多い。

この手の手法もHTMLやCSSのバージョンが上がる前に使わないとすぐに時代遅れになりがちだが、手法を知っているのとそうでないのとでは設計や提案で差が出るので情報収集は貪欲になったほうがいい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック