テレビに出てから爆発的人気、グリーンソフトは和歌山のソフトクリームをレビュー


[初回公開] 2013年09月18日

昔から和歌山県民に食されてきたグリーンソフトがテレビで紹介されてから爆発的人気となり、このソフトクリームを食べるために和歌山へ訪れる人もいるほどだが、最近ではインターネット通販やふるさと納税の返礼品としても入手できるので、そのグリーンソフトについて紹介する。

テレビに出てから爆発的人気、グリーンソフトは和歌山のソフトクリームをレビュー




1.グリーンソフトとは


グリーンソフトとは和歌山県和歌山市に本社がある玉林園が製造・販売する抹茶のソフトクリームである。
グリーンソフトは和歌山県内の観光名所やスーパーの他、コンビニでも購入することができ、下図のパッケージで販売されている。

グリーンソフトのパッケージ


持ち帰り用にパッケージ化されたグリーンソフト以外に玉林園はラーメンなど飲食できる店舗もあり、そこで注文することもできる。
持ち帰り用のグリーンソフトの袋を開けるとソフト部分が包装紙に覆われたアイスが出てくる。

グリーンソフトを袋から出した様子




覆われている包装紙を取ると、さらにソフト部分がコーンで保護されているのがわかる。

グリーンソフトの外観


ソフト部分のコーンがある状態で食べてもよい、コーンだけを先に食べてソフトを出した状態で食べてもよい。

ソフトを覆っているコーンを取った様子


グリーンソフトの購入はこちら


2.グリーンソフトの味


グリーンソフトは抹茶のソフトクリームだが抹茶特有の苦みや渋みは無く、ほんのり甘くさっぱりした味である。
クリームを支えるコーンもさっぱりしていて、クリーム部分と一緒に食べても相性が良く、コーンだけで食べても旨みを感じる。



3.グリーンソフトの柔らかさ


グリーンソフトは冷凍庫で凍らせていてもクリーム部分はスプーンがすぐ入るほど柔らかく、口の中ですぐ溶けるほどみずみずしい。
反面、ゆっくり食べているとすぐに液体化しするのですぐに食べきることをお勧めする。
コーン部分はしっとりしたタイプなので歯が弱くても食べやすい。

4.グリーンソフトをインターネットで購入する


グリーンソフトの店舗販売は基本的に和歌山県内となっているので県外者はインターネットで購入することができる。
玉林園の公式サイトや大手のインターネット販売サイトに店舗が出ているのでそれらから購入可能である。

グリーンソフトをインターネットで購入する


インターネットで購入すると専用の発泡スチロールに商品が入れられて冷凍扱いで手元に届けられる。

5.グリーンソフトをクーラーボックスで持ち帰る


和歌山県に立ち寄ることがあり、クーラーボックスと保冷剤があれば購入してそのまま自宅に持ち帰ることもできる。
保冷剤はスイーツの持ち帰りで同梱されるゼリー状のものではなく、アウトドア用のスマホより二回りほど大きいものか、スーパーなどで無料で持ち帰ることができる氷をビニール袋 2 つほどと一緒に入れておくと車で 4 時間程度は溶けることがない。



クーラーボックスで持ち帰るとややクリーム部分が柔らかくはなっているものの、クリーム部分はコーンで覆われているので保冷の役割もあり、一般的はアイスクリーム等に比べると溶けにくいようだ。

グリーンソフトの購入はこちら


関連記事