電子書籍を配布するために EPUB へ変換する方法


[初回公開] 2013年05月10日

書籍が電子化されてパソコンやスマートフォンで読むことができる時代になり、書籍を出版する側としても電子化されることで印刷と製本といったコストが大幅に削減できるメリットがある反面、電子書籍の仕組みを知っておく必要があり、電子書籍の形式の中でも EPUB と EPUB への変換方法について紹介する。

電子書籍を配布するために EPUB へ変換する方法


このページの目次

  1. 電子書籍を配布するメリット
  2. 電子書籍の形式とは
  3. EPUB とは
  4. EPUB へ変換する方法
  5. EPUB を表示する方法
  6. 通常の出版と電子書籍との使い分け


  7. 1.電子書籍を配布するメリット



    電子書籍が通常の印刷・製本して出版する書籍と違い優れている点は、出版にかかるコストが低い点と手元に届くまでのスピードが早いことである。
    通常の出版は出版社を通して印刷などのコストを自費で行うか、出版社が印刷代などを肩代わりして形あるものとして書店に並べられるため、売れる売れないに関わらずコストが必要になる。
    それに対して電子書籍は電子化するソフトウェアと電子書籍を配布、販売するサイトがあれば誰でも低コストで出版することができるメリットがある。

    また、出版社を通して出版する場合、掲載内容に間違いがないか校閲が入ったり、印刷して店頭に並ぶまでに時間がかかってしまうが、電子書籍の場合は作成すればすぐにインターネットを介して展開できるので掲載内容が陳腐化する前に新しい情報を世に出すことができる。

    2.電子書籍の形式とは



    電子書籍の形式にはいくつかあり、その形式に合わせてファイル化することで電子書籍のアプリやソフトウェアがページをめくるようにスライドすることができたり、指定のページにジャンプさせることができる。
    反対に、利用する電子書籍のアプリが対応していないファイル形式では正常に表示されないなど弊害も発生する。

    主に電子書籍には次の 3 つある。
    ・azw
    ・pdf
    ・epub

    azw は amazon 社が提供する電子書籍アプリ「Kindle」で利用できる形式である。
    pdf は Adobe 社が提供する電子データをページ化するファイル形式で電子書籍以外でも自治体の公開資料やビジネス、印刷業界など多種多様で利用されている。
    最後に epub は電子書籍の形式を統一することを目的に作られた国際な規格で電子書籍アプリの多くで epub に対応している。

    3.EPUB とは


    数ある電子書籍のファイル形式の中でも epub(Electronic PUBlication)は特定の企業が提供する形式でないため利用に制限があったりコストがかかることがないのが特徴である。

    epub はファイルの拡張子も .epub となっているが PDF のように専用のソフトがないと表示できないバイナリ形式にはなっておらず、ウェブサイトnの作成で用いられる HTML を発展させた XHTML 形式のデータを ZIP で圧縮しているので、解凍すれば中身はテキストデータとなっており軽量で扱いやすい。

    epub の中身を確認する


    epub の中身を見る場合は .epub となっている拡張子を .zip に変換して解凍ソフトで解凍すると中のファイル類が展開され目視することができる。
    解凍すると画像が入った Images フォルダ、CSS が入った Styles フォルダ、XHTML 形式のコンテンツが入った Text が確認できる。

    4.EPUB へ変換する方法


    Office の Word や Excel で作成した資料や Adobe の Illustrator などで作成したファイルを EPUB に変換するには、インターネット上で公開されている変換ツールか、無料で提供されている EPUB への変換ソフトウェアを利用して EPUB に変換する。
    Adobe 製品であれば EPUB に書き出す機能が搭載されているので別途、EPUB に変換するソフトをインストールする必要は無い。



    ただし、インターネット上で公開されている EPUB への変換ツールを利用する場合は、元なるファイルをアップロードすることになるので掲載内容が変換ツールの運営者に見られたり不当に利用されるリスクがある点に注意しなければならない。

    5.EPUB を表示する方法


    電子書籍形式の EPUB を表示させるには専用のアプリやソフトウェアを利用する他、ウェブサイトの表示に利用しているブラウザでも見ることが可能だ。
    Google Chrome は特に設定することなく EPUB に対応しているが、Firefox は EPUB 表示用のアドオンを別途インストールする必要があり、Microsoft Edge においては EPUB のサポートをしていないため利用するブラウザによって EPUB への対応が異なる。

    Firefox で EPUB を表示するためにはアドオン「EPUBReader」が用意されており、Firefox を起動して「ツール -> アドオン」を選択して EPUBReader 検索するか、下記サイトへ Firefox でアクセスするとインストールが可能だ。
    -> Firefox ADD-ON EPUBReader

    EPUBReader をインストールしてを有効化すると、EPUB で電子書籍を配布しているサイトを開いたり、EPUB 形式の電子書籍をダウンロードしているばあはその EPUB"ファイルを Firefox にドラッグ&ドロップすると自動的に認識して表示される。

    EPUBReader で表示した電子書籍


    配布されている電子書籍が PDF のように目次となるしおりが設定されていれば上図のように左部に見出しが表示され、右側にコンテンツが表示される。

    6.通常の出版と電子書籍との使い分け



    もちろん出版社を通すことで著者以外の第三者のチェックが入るので正しい情報、より読み手を惹きつける内容の提案、売り上げにつながる販売促進と販路の確保が行えるので出版する目的が売り上げなのか、著者の認知度を上げたいのかによって通常の出版と電子書籍を使い分けて出版するとよい。

    関連記事