期限の切れたプリモバイル

5年ほど前に個人携帯の他に対外的に連絡先を伝えるために"プリモバイル"というプリペイド型の携帯電話を契約したことがあり、また社外の担当者に伝えるために必要になりそうなので電源を入れてみた。

"プリモバイル"はSoftbankが提供するプリペイド型の携帯電話サービス。
"プリモバイル"で利用できる機種は限定されており、初めて契約するときは機種と"プリモモバイル"用のSIMカードを購入する。

プリペイド型なので、契約時には通話料分のお金として3,000円または5,000円が必要になる。
通話が出来る期限は事前に購入した通話料金分が無くなるか、60日経過すると発信ができなくなる。
しかし、発信できなくなってから360日間は着信に対しては利用できるので、待ち受け専用としては一年近く利用できる。

携帯機種単体からのデータ通信はできず、メールは利用できる。


手元にある"プリモバイル"は既に1年以上経っているので発信も着信もできない。
しかし期限が過ぎてもメニュー画面から電話帳を見たり、各種機能は使える。

ところが久しぶりに電源を入れると「一旦電源をお切りください」と表示され、電話帳どころかメニューすら表示できない状態になった。

 期限の切れたプリモバイル


確か期限が切れても使えていたはずだが、利用不能のSIMカードを介して遠隔で仕様変更できるのか、5年近く放置しているとこういう仕様になるのか、どちらにしても機種内のデータが見れないのは不便である。

現象としては電源を入れると一瞬ホーム画面が出るのだが、すぐに「一旦電源をお切りください」が表示される。

解決策としては、その一瞬表示されるホーム画面の時にすばやくメニューボタンを押すとメニュー画面に切り替わり、以後、電話帳やその他機能が利用できる。

契約が切れてからも使い続けるユーザはいないと思うが、不便な仕様である。


さて、最近の"プリモバイル"はMNPの踏み台で利用されることが多いようで、新規契約しようにも取り扱っていないショップだと契約できないらしい。

再度利用するにも"プリモバイル"用のSIMカードの在庫が無いとダメなのかと近くのSoftbankショップに行ってみたが、どうやら機種とSIMカードがあれば再契約できるようである。

契約後は期限があるので、必要になる直前で再契約しようと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック