Excel で大きさが違うセルに簡単に連番を入力する方法 -Officeソフトの技(11)-


[初回公開] 2013年04月01日

Excel で各セルに連番を割り振る場合はマウスをドラッグするだけなので簡単な操作だが、大きさの違う結合されたセルに連番を割り振る場合は大きさの違いによりドラッグで連番が割り振れないので違った方法で結合したセルに連番を振る方法を紹介する。

Excel で大きさが違うセルに簡単に連番を入力する方法




1.セルに連番が振れない場合の原因


マウスをドラッグしてセルに連番を割り振るときに連番が振ることができる場合とエラーが表示されて連番が割り振れないことがある。
この原因はセルの結合が影響しているもので、結合しているセルの数が異なっている場合に発生する。
例えば 3 つのセルを結合したものと、2 つのセルを結合したものなど結合数の違うセルらに対して連番を振ろうとすると「この操作には、同じサイズ結合セルが必要です。」と表示される。
下図は古い Excel で結合数の違うセルに連番を振ろうとした際のエラーの状態である。

古い Excel で結合数の違うセルに連番を振るとエラー


同じく新しい Excel においても同現象は発生し、「この操作を行いには、すべて結合セルを同じサイズにする必要があります。」と多少言い回しは異なるものの、古い Excel と同様に結合数の違いが原因で発生するエラーである。

新しい Excel で結合数の違うセルに連番を振るとエラー


2.古い Excel での結合したセルへの連番振り


古いバージョンの Excel では次の手順で結合数に差がある大きさの違うセルに対して連番を割り振ることができる。

(1)連番を割り振りたいセルを選択する。
  (下図の B3 から B18 に相当)
(2)数式欄に次の関数を入力し、入力後はまだ Enter キーは押さない。
 下記サンプルでは図に合わせて B 列を指定しているが、A 列に連番割り振る場合は B を A に置き換える。
=MAX(B$1:B1)+1

(3)Ctrl キーを押しながら Enter キーを押す。
(4)各セルに連番が割り振られる。

古い Excel で結合数の違うセルに連番が割り振られる




3.新しい Excel での結合したセルへの連番振り


新しいバージョンの Excel では古いバージョンの Excel と手順が異なり、次の手順で結合数に差がある大きさの違うセルに対して連番を割り振ることができる。

(1)下図のように結合数の違うセルを用意し、一番の上のセルにのみ連番を開始する数値を入力する。

結合数の違うセルと最初のセルに数値を入力


(2)連番を割り振りたいセルを選択する。
  この時、数値を入力したセルは選択しないようにする。

連番を割り振りたいセルを選択


(3)数式欄に次の関数を入力し、入力後はまだ Enter キーは押さない。

=count($B$2:B2)+1


数式欄に関数を入力


(4)Ctrl キーを押しながら Enter キーを押す。
(5)各セルに連番が割り振られる。

新しい Excel で結合数の違うセルに連番が割り振られる


4.新しい Excel で連番を振る場合のポイント


新しい Excel で結合数の違うセルに連番を割り振る場合に数式欄に「=count($B$2:B2)+1」と入力したが、上図のように連番の初期値を入力したセルが B2 であるため、数式内も $B$2:B2 としている。
もし A1 に連番の初期値を入力したのであれば数式入力欄には次のようになる。

=count($A$1:A1)+1


関連記事


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック