"PS Vita"とパソコン間でデータのやり取りを行う

"PSP"ではUSBケーブルを介して外部記憶媒体として利用できていたが、"PS Vita"よりデフォルトではそれができなくなり、"コンテンツ管理アシスタント"というソフトをパソコンに入れることでデータのやり取りをする仕様になった。

今後の"PS Vita"のアップデートで変更があるかもしれないが、現時点では公式サイトから"コンテンツ管理アシスタント"をダウンロードして利用するしかない。
->新携帯ゲーム機"PS Vita 3G/Wi-fiモデル"が届いたのだが
->Content Manager Assistant for PlayStation(R)

インストール自体はクリックして保存場所を指定するだけで、ファイルサイズから見てわかる通り"Media go"のように専用の同期インターフェイスがあるわけではない。

インストールが終わるとパソコン右下にマークが表示され、常駐ソフトとして起動する。
これをクリックすると"PS Vita"と同期する共有フォルダを指定するパスが表示される。

 コンテンツ管理アシスタント


データのやり取りができるのは画像、動画、音楽、アプリケーションまたはバックアップファイルだ。
操作は"PS Vita"側で行うことになり、パソコンから"PS Vita"に移動する際はこのパソコンで指定された場所にあらかじめ設置しておく必要がある。

"PS Vita"からパソコンにコピーする場合はインターフェイスがあるので選択してコピー指示を出す。

 画像転送


パソコンに転送されたデータは日付ごとにフォルダが生成され、その中に保存されている。

 データ保存


目新しい点としては、"PS Vita"でキャプチャしたものは日付がファイルタイトルになるが、ゲームプレイ中にキャプチャした場合はゲームタイトルがファイルタイトルになるようだ。


データのやり取りをするパソコンが決まっているなら不便はないかもしれないが、ネットカフェや友人宅など出先でデータのやり取りをする場合は"コンテンツ管理アシスタント"が無いと何もできないのでその点は不便だ。

リムーバブルディスクとしてUSBメモリの代わりに使ったこともあった"PSP"に比べると、"PS Vita"専用となったメモリカードはさらに実用性を無くしてしまった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック