ツイートをサイト表示させた場合に出るエラー対応

"Twitter"での自分のツイートなどをサイトやブログに埋め込んで表示させるウィジェットを利用した場合、IEなど特定のブラウザでJavaScriptのエラーが表示されるのでその対応を行う。

ウィジェットは"Twitter"の管理画面から提供されるHTMLソースを利用している。
->"Twitter"でのつぶやきをサイトやブログに掲載する

JavaScriptのエラーメッセージは「正規表現の中に')'を指定してください。」と表示され、対象ファイルは「widget.js」と指摘される。

 正規表現の中に')'を指定してください。


JavaScriptのエラーなので貼り付けたHTMLソースを修正して改善されればよいのだが、エラーの発生元がJavaScriptの実行場所以前に読み込んでいる外部ファイルのため手の施しようが無い。

そこで調べてみるとウィジェットソースの呼び出し先が他にもあるようで、そのURLを変更するとJavaScriptのエラーは出なくなった。

変更箇所は下記となる。


http://widgets.twimg.com/j/2/widget.js



http://twitter.com/javascripts/widgets/widget.js




公式案内されている方法ではないようなのでいずれこちらもエラーもしくは使えなくなる恐れがあるが、前述したエラーを解消しないとサイト上にツイートの一覧が表示されないのでしばらくはこの運用が望ましいと思われる。


ちなみにサイトに貼り付けるHTMLソースにウィジェットに対するCSSを指定してやれば管理画面で設定したウィジェット以外のデザインにカスタマイズすることができる。

実際にこのブログでは下記のメソッドに対してCSSを指定している。

<style>
#twitter_area .twtr-hd {}
#twitter_area .twtr-hd h3 {}
#twitter_area .twtr-hd h4 {}
#twitter_area .twtr-hd h4 a {}
#twitter_area .twtr-bd {}
#twitter_area .twtr-tweet-text {}
#twitter_area .twtr-ft {}
#twitter_area .twtr-ft a {}
</style>


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック