WordPress内でPHPを実行させるプラグイン -WordPress-

一昔前の"WordPress"と比べるとブログというよりはCMSとして見られることも多くなりカスタマイズを要求されることも少ないが、"WordPress"内でPHPを実行できるようにすると更に扱いやすくなる。

CMSなので"WordPress"の管理画面から入力できるコード類はHTMLやCSS、JavaScript等となり、デフォルトのままだとPHPのプログラム形態で書き込んでもそのまま表示されるだけでCGIとして実行されることはない。

しかし、プラグインを用いることで記事の作成画面やテンプレート作成画面からPHPを実行させることができる。

今回利用したのは"Exec-php"というプラグインで、公式サイトからダウンロードすることができる。

 Exec-php


使い方は簡単で、ダウンロードしたZIPファイルを解凍して「/公開ディレクトリ/wordpress/wp-content/plugin」に設置するだけで管理画面が認識するようになる。

後は管理画面のプラグインの設定画面から"Exec-php"から有効化すればよい。


"WordPress"のカスタマイズというと"WordPress"自身のソースに手を入れるイメージを持つ人もいるが、このプラグインを使えばテンプレートにクラスとなるPHPを記述し、各ページでそのクラスを呼び出すなどすることで本体に手を入れずともカスタマイズすることができる。

ただ、ブラウザ上からPHPを実行できるということは記述間違いや、不正アクセスによりデータベースの情報が盗まれるというリスクもあるので、使いどころは見極めなければならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック