合成用に購入した"金"で金クジ引いてみた -戦国IXA-

"戦国IXA"は基本無料だが、ちょっとでも有利に進めたいと思うなら課金という手段があり、その中でレアな武将カードが出るかもしれない"金クジ"というものがある。

ゲーム内で手に入れることができる通貨"銅銭"をコツコツ貯めていれば良い武将カードを入手したり、既に手元にあるカードをさらに強くすることができるのだが、それなりに時間がかかるので課金すると時間短縮が図れることがある。

私が課金を利用しているところは主に武将カードをランクアップさせる時だ。

武将を育てているとレベル20になるとそれ以上レベルアップしなくなるのだが、ランクアップさせることでさらにレベルアップさせることができる。

しかしランクアップするには対象の武将カードの他にもう一枚、同じくレベル20にした武将カードが必要となり、合成を実施しても合否に確立があるので失敗することもある。

素材となったカードは合成の合否に関わらず消滅してしまうのでランクアップが2回目・3回目になるほど消滅したときの無駄も大きくなる。


課金の使い道はそれ以外にもあり、手っ取り早く強い武将カードを手に入れてしまうこともできる。

それがクジなわけだが、これが一回600円もする・・・。

「金クジを引いてみた」というよりは合成の失敗が続いて衝動的に"金クジ"を引いたというのが正直なところなのだが。

 片倉小十郎


レア度が特の"片倉小十郎"が出てきた。

もっとレア度が高いカードはいっぱいあるが、これより下のランクのカードもあるので無難なところ。

それにしても課金してるのに合成は失敗するしクジもはずれがあるしで、物の購入ではないのに値段が高く感じる。

"金クジ"一回で昼食一回分、もしくはネットカフェで2時間ほどくつろげると思うとなかなか手が出ない買い物だ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック