ノートパソコンが充電されなくなった -ED495AA#ABJ-

自宅で使っているパソコンは2009年2月に購入したHPの"Pavilion dv5/CT"なのだが、ACアダプタをコンセントに挿しても充電されなくなってしまった。

HP製のACアダプタはそれ自体に通電していることを示すLEDは搭載されておらず、ノートパソコン側に設置されている。

私の"Pavilion dv5/CT"は通電されているとACアダプタのジャックの横にあるLEDが白く光るのだがそれが光らなくなってしまった。
->ノートパソコンの購入 -HP Pavilion dv5/CT-

ノートパソコンなのでバッテリーに電力が残っていれば起動することができるのが大きなメリットである。

通電できていなくてもOSは起動し操作することは可能だ。

しかしバッテリー駆動のため何時かは使えなくなる。

通電できているうちにとメールや作りかけのデータは外部メモリにバックアップさせた。


さて、通電できていない場合は2つの原因が考えられる。

一つはACアダプタの故障。

ACアダプタは通電による熱が出やすい上に、ノートパソコンなど移動の際にACアダプタを小さくまとめるためにコードをグルグル巻きにしたりすると中の線が痛んで使えなくなる。

これは新しいACアダプタを購入することで解決する。


二つ目はパソコンの電源基盤側の故障。

こちらも熱が出やすく、電子部品とはいえ消耗するので故障することがある。

私は一般的なパソコンで故障したことは無いが、サーバで電源部品が故障して修理をメーカーに依頼したことがある。

企業で利用してサポート契約していると部品を持って一日程度で技術者が来て直してくれるのだが、一般のパソコンだとメーカーに配送して修理してもらわなければならない。

今回はOSが起動するのでハードディスクを初期化されることはないが、大事なデータを第三者に渡すことは非常に抵抗がある。


故障箇所を特定したいところだが、私の環境では原因の切り分けができないので家電量販店に行くことにした。

HP製のような海外企業の製品は安い半面、サポートが特殊なのか取り扱っている店舗が少ない。
たまたま近所で購入できる店舗があったのでその時はそこで購入したが、今はその店舗が閉店してしまいすぐに持参できる場所が無くなってしまった。

こういう故障時は国内メーカーに比べて対応窓口が限られて不便だ。

少々足を伸ばして購入店舗と同じ系列の家電量販店に持参する。

故障の窓口で現象を説明して本体とACアダプタを手渡す。

スタッフはすぐに「ACアダプタが怪しい」ということで電力チェッカーで通電状況を調べてくれた。

チェッカーの針が動かない。

すぐにACアダプタの故障ということが判明した。

私が購入した店舗より数倍大きいところで、パソコン故障の窓口もあるところだったので見てもらえたが、設備上の問題で一次切り分けができなかったり知識を持つ担当者がいない場合はACアダプタの故障でも何週間か預けるはめになっていたのではないだろうか。


とりあえず基盤の故障でなくてホッとし、ACアダプタの購入ができるか聞いてみたが、HPなど海外製のものは自分でインターネットで購入した方が早く入手できるとやんわりお断りされた。

私の方も日常的に使うものなので一日でも早くACアダプタがほしいので了承した。


帰宅後、すぐにHPの公式サイトからACアダプタを注文した。

自分が使っているパソコンを選択すると関連機器が一覧で表示されるのが便利だ。

ただ問題があった。

発注したのが土曜の夜でクレジット決済したのだが、クレジットの確認が出来てから5営業日で発送とある。

申込み受付のメールは購入と同時に届いたものの、月曜日の朝になっても受注完了のメールは届かない。

入力したクレジット番号が有効化どうかのチェックが平日にしかできないのだろう。

購入サポートに直接電話をして問い合わせると確認中であると返答があった。

そうなると5営業日で発送となると少なくとも次週になる。

それでは困るので他で買えないか調べると意外と取り扱っているところが多いのがわかった。

HPに発注したACアダプタをキャンセルし(電話でのみ受け付けてもらえ、キャンセル料は発生しない)、他のネット販売で購入した。

"Pavilion dv5/CT"専用のACアダプタなら困るなと思ったが、HP製のノートパソコンには共通して利用できるアダプタとして90Wの"スマートACアダプタ ED495AA#ABJ"があるようだ。

 スマートACアダプタ ED495AA#ABJ


届いた商品はパッケージされているので、個別販売されているようだ。

ACアダプタに加え、コンセントへの差込口が3コネクト用の変換口と、パソコンに接続する際の端子が他社製品でも使えるように変換する部品が付いていた。

パソコンとコンセントに挿し込むとパソコン側の通電を示すLEDが点灯したので解決したようだ。


私はコードをぐるぐる巻きにして保管しないので線の劣化は少ないと思っていたが、通常利用でも故障のリスクがあるのを知った。

店舗に持参する前に一応コードの劣化を疑ってコードのあちこちを回して断線していないかチェックしたのだが、その時は通電することがなかった。

新しいACアダプタが届いてから「どうせ捨てるなら」と少し無理をしてコードを調べると通電するようになった・・・。

新入りアダプタに脅威したのか、それ以来問題無く使えるようになってしまい、新入りアダプタは予備として待機している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック