SC-02Bとパソコンの接続ができない -UAM-204K-

先日購入したスマートフォンの"SC-02B"にはパソコンと接続するためのUSBケーブルが同梱されており、スマートフォンをUSBメモリの代わりに使えるか試しそうとしたところ、パソコンに挿しても全く反応しないので違う通信ケーブルを購入してきた。

"SC-02B"をパソコンに挿しても認識しないというのはよくあることらしく、解決方法には「ドライバーをインストールする」と「通信ケーブルを変えてみる」がよく挙げられていた。

Windows XPとWindows 7の両方に公式サイトからダウンロードしたUSBドライバをインストールして、同梱のUSBケーブルを利用してみたがエラーどころかUSBが挿さっていることさえ通知されなかった。
->スマートフォンの白ロムを購入した -SC-02B-
->SAMSUNG mobile SC-02B公式サイト


次に、USBケーブルを違うもので挿してみようと思うのだが、この"SC-02B"側のUSB端子はmicroUSBとなっている。
そのためPS3などに使われているminiUSBとは別ものなので購入時は注意が必要だ。

そこで家電量販店に行ってみると、一端が通常のUSB端子でもう片方がminiUSBだがmicroUSBの変換コネクタも付いたオズマ社の"UAM-204K"を見つけた。

 UAM-204K


パッケージには充電と通信ができること、対応機種には"SC-02B"が記載されている。

早速これでパソコンと"SC-02B"を接続してみるとパソコンの方にはUSBが挿されたことを示すアイコンが表示され、"SC-02B"の方にはUSBモードの選択画面が表示された。

 USBモード選択画面


「Samsung Kies」は専用のデータ同期ソフトらしく、「MTP」はWindows Media Player関連の転送モードらしい。

今回はスマートフォン内部のデータとそれに挿している外部メモリであるmicroSDのデータがUSBメモリの代わりに使えるのか試してみたかったので「カードリーダーモード」を選択する。

するとアンドロイドのキャラクターが表示され、「USBストレージの接続」をタップすることでパソコン側にリムーバルディスクとして表示された。

データのやり取りはUSBメモリと何ら変わりなく扱えるのも確認できた。

ケーブルを持ち歩くのが面倒だが、充電用に所持しているのならもうUSBメモリは必要ないかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック