ロケットサーバの管理画面とWeb公開 -ロケットサーバ-

キャンペーンで年間1,000円のレンタルサーバ「ロケットネット」を契約したが、同時に取ったドメインでアクセスするとデフォルトの工事中の画面が出たので表示を変えることにする。
->年間1,000円のレンタルサーバを契約する -ロケットサーバ-

サーバやドメインを契約する前の管理画面は自分のアカウント管理ぐらいしかできないが、契約が終了すると多くの項目が追加表示されるようになる。

その中でドメインの項目があり、これをクリックすると「このドメインではWebホスティングが設定されていません」と表示される。

どうやら手動でWebの公開設定が必要で、それが実施されていなくてもサーバ側で自動的に「工事中」の画面が出るようになっているようだ。

 Webホスティング設定


設定画面を開くと、サーバ内に公開ディレクトリを作成するか、別サーバへ転送するか選択するか問われる。

 ドメインの利用


「Webホスティング」を選択するとエラーが出ていた箇所が「ドメインのホスティング設定がアップデートされました。」と表示され、同時に公開ディレクトリに多くのフォルダが作成されたのが確認できる。

 ドメインの有効化

 公開ディレクトリ


同じ管理画面にファイルマネージャーがあり、ファイルの操作だけでなくテキストファイルはブラウザ上から編集することができる。

 サイトの編集


デフォルトの「工事中」のデータが入っているのでこれを編集したり、自分で用意したデータに差し替えて利用する。

他社にも似た管理画面があるが、「ロケットネット」のインターフェイスは比較的使いやすい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック