Excelで上下左右キーを押してもセルが移動しない場合の対応方法 -Officeソフトの技(7)-


[初回公開] 2011年04月29日

Excel で文字や数値を入力する際にセルの移動はマウスで任意の箇所をクリックするか、上下左右キーを押下して選択セルを移動させるが、その上下左右キーを押してもシートがスライドするだけでセルが移動しない場合の対応方法を紹介する。

Excelで上下左右キーを押してもセルが移動しない場合の対応方法




1.上下左右キーでセルが移動しない理由


Excel などソフトウェアを利用しているとふとしたきっかけで普段使えていた操作が使えなくなることがあり、大抵の原因は意図せず押した何らかの設定ボタンか、キーボードのキーである。
Excel で上下左右キーでセルの移動ができない場合は、キーボードの「Scroll Lock」キーが有効になっているのが原因である。

2.上下左右キーでセルを移動させる方法


Excel で上下左右キーでセル移動させるにはキーボードの「Scroll Lock」キーを押下して無効化することで上下左右キーでセルの移動が可能になる。



3.Scroll Lock が有効な時の便利な Excel 利用法


普段から上下左右キーでセルを移動しながら文字や数値を入力していると「Scroll Lock」キーが有効でセルの移動ができなくなると不便さを感じるが、反対に便利な利用方法もある。
「Scroll Lock」キーが有効な状態で上下左右キーを押下すると押した方向へシート全体がスクロールするので、画面の右部または右下にあるスクロールバーをマウスで操作する時と同じ動作を行うことができる。
特に列または行が何千、何万行となるとマウスだけでのシートの移動は操作がしづらいが、上下左右キーを利用すると細かなスクロールが可能になり好きな位置に辿りやすくなる。
また、「Scroll Lock」キーが有効の状態でシートをスクロールすると選択しているセルは移動しないため、セルに入力している途中で離れた位置にあるセルの内容を見て、入力を再開することができる。
シートをスクロールして選択中のセルに戻るには「Ctrl + Back space」キーを利用する。

関連記事


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック