Photoshop で紙を手で破ったような効果を出す方法


[初回公開] 2011年03月25日

ウェブサイトに掲載する画像や店内のメニューやポップなど手書き感を演出したい場合に紙質状の背景に文字などを配置する他に、紙に皺があるなど質感もあるとよりリアルになるが、その中で紙を手で破ったような効果を Photoshop で行う方法を紹介する。

Photoshop で紙を手で破ったような効果を出す方法




1.紙を手で破ったような効果の使いどころ


Photoshop で紙を手で破ったような効果の使いどころとしては、写真やノートの切れ端を素材として掲載する場合に活用されることが多い。
カフェのメニューやポップ、ヴィンテージ商品を扱う店舗のウェブサイトなどで利用すると無機質にならずに温かみがある印象を与えやすい。
破られた紙質の上に手書き風のフォントを利用するとより手作り感が出てくる。



2.Photoshop で紙を手で破ったような効果を出す方法


Photoshop で紙を手で破ったような効果を出す方法としては、次の 4 つの工程を経て実現することができる。
実際に Photoshop で加工した画像が下図となる。

Photoshop で紙を手で破ったような効果を与えた画像


2-1.編集する画像の読み込み


まず最初に紙を手で破ったような効果を与える画像を Photoshop に読み込む。

編集する画像の読み込み




2-2.レイヤーの追加


次に画像を読み込んだ直後はレイヤーが「背景」になりロックされて編集できないことがあるので、画像を配置したレイヤーをダブルクリックして編集可能な状態にする。

読み込んだ画像のレイヤーを変更


また、手で破った効果がわかりやすくなるよに画像を読み込んだレイヤーの下の層にもう一つ新規でレイヤーを追加しておく。

2-3.消しゴムツールで消す


画像を手で破ったようにするため、破り取る箇所を消しゴムツールを利用して削除する。
この時、利用するブラシの形状は一般的な円形のものではなく、分散状のブラシを利用することで消しゴムツールを使った箇所の断面がギザギザになり、不規則な欠損を表すことができる。

消しゴムツールは分散状のブラシを選択




2-4.レイヤーにドロップシャドウの効果を与える


最後に、消しゴムツールで削除した画像のあるレイヤーを選択した状態で、上部メニューより「レイヤー -> レイヤースタイル -> ドロップシャドウ」を選択して表示されたウィンドウ内にあるボタン「OK」をクリックすると、消しゴムツールで削除した箇所に影が付いて破ったような効果を与えることができる。

「レイヤー -> レイヤースタイル -> ドロップシャドウ」を選択


ドロップシャドウの設定ウィンドウでは不透明度や距離など特に数値を変更しなくても前述の図のような効果となる。

Photoshop のバージョンが古い場合のドロップシャドウの設定は異なっており、上部メニューより「レイヤー -> 効果 -> ドロップシャドウ」を選択すると、設定するウィンドウが表示される。

関連記事


この記事へのコメント