PSPのバックアップと動画音楽転送ツール -Media Go-

携帯ゲーム機の"PSP"は各種データを保存する先としてメモリースティックを利用しているが、これも消耗品の一種で頻繁にデータの書き込みを行なっているとデータ破損のリスクがあり、そのためにバックアップツールを導入した。

メモリースティック自体が記憶媒体なのでカードリーダーを介してアクセスすることで特にソフトウェアを使わなくてもデータのやり取りが可能になっている。

しかし、PSPはゲームデータの他に動画や音楽などのデータも管理するので、PSPでフォーマットしたメモリスティックは若干フォルダ構成が複雑になっている。

そこで、フォルダ構成を気にしなくてもデータのバックアップを行なうことができるのが"Media Go"と呼ばれるPSPとパソコン間でデータのやり取りをするソフトウェアだ。

 Media Go


ソフトウェアはSonyのPSP公式サイトからダウンロードすることができ、無料で利用することができる。

"Media Go"を起動すると"iTune"など外部デバイスと連携するためのソフトのインターフェイスに似ているので、それらのソフトを使ったことがある人なら直感的に利用できるだろう。

ソフト起動時にはPSPのデータは表示されず、パソコン内のデータが表示されるのだが、PSPが接続されると自動認識して画面左側にPSPデータのエクスプローラが表示される。

ちなみにPSPとパソコンを接続するためにはケーブルが必要となり、残念なことにPSPには同梱されていないので別途購入するか、PS3のコントローラケーブルを代用する。


さて、使い方は簡単で、PSPのデータのところを見ると動画やセーブデータとあり、"セーブデータ"をクリックすると画面右側に各データの詳細が表示される。

その中からバックアップしたいデータを右クリックすると各種操作を行なうことができる。

バックアップはもちろん「転送」を選ぶことになり、バックアップ先はパソコン内の"Media Go"が指定する場所に保存される。

逆にパソコンからPSPにリストアさせたい場合は、画面左上のパソコンのデータ管理内にPSPと同様に"セーブデータ"ができているので先ほどと同じく対象のデータを選択して右クリックから各種操作を行なう。


マウス操作だけでデータのやり取りができるので非常に簡単だ。


画面を見てすぐにわかるが"Media Go"はバックアップだけではなく、動画や音楽もこのツールからPSPに転送することができる。

"Media Go"を使わなくても、PSPが再生できるエンコード・ファイル形式の動画・音楽ファイルであればUSBメモリを使う感覚でリムーバルディスクとして転送することで利用できる。

一番面倒な点はPSPが再生できるファイルにエンコードしなければならないところだ。

ところが、PSPで再生できなくても"Media Go"で認識できた動画・音楽ファイルをバックアップの時と同様に右クリックから"転送"を選択するとエンコードしてPSPに保存してくれるのだ。

試しに2時間程度の動画をPSPに転送した場合、30分かからずに転送を終えた。

PSPで音楽を聴くにはやや本体が大きすぎるが、場所を選ばず動画が観れるメリットは大きい。


これでデータ破損時の心配も無くなったし、長距離移動時の暇つぶしも用意できて一石二鳥だ。

バッテリーがまだ本調子でないのか、数時間でバッテリー残量が少ないことを知らせるLEDが点滅するのでこんどは予備バッテリーが必要かもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック