爆弾犯とゲレンデ職員との攻防 -白銀ジャック-

久しぶりに本を読んでみたいと手に取ったのが、あまりハズレが無くて安心して読める"東野圭吾"の"白銀ジャック"で、このシーズンにピッタリなゲレンデを舞台にしたサスペンス小説だ。


ゲレンデの下に爆弾が埋まっている――

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。
年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を
嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。
雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。
すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。
今、犯人との命を賭けたレースが始まる。
圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス!


 白銀ジャック


舞台が終始ゲレンデで展開されるので、スキー・スノーボードを経験した人ならすぐに情景を思い起こしながら読み進められるだろう。

逆にスキー場に行ったことが無い人、雪が降って辺りが白くなる状況を経験したことが無い人には状況がつかみにくいところがあるかもしれない。


サスペンスお約束の犯人のミスリードを含めながら、最後はしっかりと伏線が回収される様は読んでいて気持ちがいい。

珍しく死亡者がわずかで当然ながら事件が発生しているので物語中の当事者には災難なわけだが、最近は後味の悪い終わり方や読み手・観る手側に結末を考えさせる小説や映画などが多い中、この"白銀ジャック"はスカって終わる小説だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック