YouTube の動画を高画質で再生する方法と廃止された fmt パラメータとは


[初回公開] 2010年11月19日

YouTube をブラウザやスマホアプリで再生する場合は使っている端末や通信環境から自動的に最適な画質で再生されるが、任意で高画質に変更することができるとともに旧バージョンでは利用できた fmt パラメータとダウンロードについて紹介する。

YouTube の動画を高画質で再生する方法と廃止された fmt パラメータとは




1.YouTube の画質を変更する方法


YouTube の動画をブラウザで高画質に設定する

YouTube を再生すると自動的に画質が選択され、パソコンのブラウザであれば 360p が、スマホアプリであれば 240p となり一見すると画質は問題無いが拡大したりフルスクリーンにすると粗さが目立つサイズである。
この画質を良くするためにはブラウザでは動画の右下にある歯車マークをクリックし、スマホアプリであれば動画の右上にあるメニューより同じく歯車マークの画質を選択されている数値より大きい数値を選択すると高画質に変更することができる。
注意点としては高画質にすることで綺麗に見える反面、それだけ細かな映像データをダウンロードするので通信量が増えることとなり読み込みが遅くなるだけでなく毎月に利用できるデータ通信量も大きく消費するので Wi-fi 環境下以外で高画質に変更するのは避けたほうがよい。



360p と記載されているのは横幅が 360 ピクセルであることを示し、より高画質で HD とマークが入った動画は横幅 1,024 ピクセルに対応していることを示し、フルスクリーンにしても画質が粗いと感じることはない。
ただし、高画質にするためには高画質な動画をアップロードする必要があり、全ての YouTube の動画が高画質に設定できるわけではない。

2.YouTube のパラメータとは


前述の通り YouTube 動画の画質をはじめ字幕の有無など YouTube には設定する項目があるがこれらはブラウザやスマホアプリ上からだけでなく動画の URL にパラメータで制御することも可能になっている。
YouTube の動画 URL はブラウザ上部の URL 欄を参照するとわかる通り https://www.youtube.com/watch?v= 動画 ID の形式となっている。
この URL の中にある v= が動画を示すパラメータとなり、さらにパラメータを追加する場合はこの URL の後ろに規定の文字列を付与すると制御することができる。
YouTube のパラメータの中で画質を制御するのが fmt パラメータである。

3.画質を調整する fmt とは


YouTube の画質を調整する fmt パラメータの種類

YouTube で高画質に再生させるパラメータが fmt だが、現在ではこのパラメータパラメータは廃止されているためパラメータを付けても動画は再生されるが高画質にはならない。
しかし YouTube の仕様変更により利用が再開されることがあるかもしれないため過去に利用できていたときの情報を紹介する。



画質を調整するパラメータ fmt は動画の URL の後ろに &fmt=○ を付与するとよい。
○に入るのは数値で、上図のように 18 なら横幅 480 ピクセルで MP4 で動画を取得し、35 なら同じく横幅は 480 ピクセルだが FLV で取得することを示している。
MP4 は今では一般的でパソコンだけでなくスマホなど多くの端末で再生できる動画形式で、対して FLV は Flash Player で再生できる動画形式で既に Flash Player のサポートは終了しているためこれからは利用することはほぼ無いだろう。
480 ピクセルより大きなサイズを求めるのであれば &fmt=22 や &fmt=37 を YouTube の動画 URL の後ろに付与するとよい。
尚、上図の表以外の数値を指定しても無効と見なされて自動的に判別された画質で再生される。

4.fmt でダウンロードしたファイルの違い


過去の YouTube はブラウザのキャッシュフォルダに保存されており、ダウンロードソフトを使わずともキャッシュフォルダから再生した動画を取得することができていた。
キャッシュフォルダは IE であれば「ツール -> インターネットオプション」を選択し、「全般」タブの中から"「閲覧の履歴"」にある「設定」をクリックすると「インターネット一時ファイルと履歴の設定」というウィンドウが開く。
そこからさらに「ファイルの設定」をクリックするとキャッシュフォルダが展開される。
直接キャッシュフォルダを開くのであれば「C:Windows\ユーザ名\Local Settings\Temporary Internet Files」がそれに該当する。

キャッシュフォルダにある YouTube の動画フォルダ


キャッシュフォルダを開くと上図のように videoplayback から始まるファイル名で保存されており、分割再生する動画でなければこのファイルをコピーすればダウンロードしたのと同等となる。

fmt=18 を指定した動画と指定していない動画のファイルサイズの違い


上図の左側は fmt=18 を指定せずに取得した動画ファイルで、右側が fmt=18 を指定して取得した YouTube の動画ファイルである。
横幅が 360 ピクセルから 480 ピクセルになっているので動画サイズが大きくなっているのがわかる。

fmt=18 を指定した動画と指定していない動画のビットレートの違い


最後に上図は動画を再生したときに表示されるビットレートの違いを比較したもので、fmt=18 が無い方は 192kbps に対して fmt=18 で取得したものは 297kbps となり、fmt を指定した動画のほうが 1 秒あたりに表示されるデータ量が多いのでより鮮明で、ビットレートは音質にも関わるので音質も良くなっていることを示す。

関連記事


この記事へのトラックバック