PowerPointで扇形の作成方法と効果的な利用用途 -Officeソフトの技(5)-


[初回公開] 2010年07月05日

PowerPoint には四角形や円形など基本となる図形が既に用意されているが円グラフによく用いられる扇形や半円などは無いため、利用できる図形を拡大縮小、変形などで組み合わせることで多種多様な図形を作成することができ、その中で扇形の作り方を紹介する。

PowerPointで扇形の図形を作る




1.PowerPoint で作る扇形のイメージ


扇形は 1 辺が円弧で 2 辺が直線の図形で、PowerPoint の基本図形には含まれていない。
しかし、PowerPoint で扱うことができる既存の基本図形を利用すれば下図のような扇形を作ることは可能だ。

PowerPoint で作る扇形のイメージ


2.PowerPoint での扇形の作り方(1)


基本図形を利用した扇形の作り方の一つ目として、円図形を用意してその上に背景色と同じ色の三角形や長方形を乗せて「扇形っぽく見せる」方法だ。
原理としては三角形や長方形で円図形の一部を隠して、目に見えている部分だけで扇形を作るもので、扇型の枠線を付けたい場合は設置した三角形や長方形など円を隠している図形に沿って円の枠線と同色で同じ太さの直線を最前面に設置すれば枠線付きの扇形に似せて用意することができる。
ただし、この方法だと扇形に他の図形を隣接させたい場合や、扇型の背面に画像や写真、または背景色が単色ではなくグラデーションの効果がある場合だと円を隠している三角形や四角形の他の画像が見えてしまい扇形に見えなくなってしまう欠点がある。

円を隠して扇形に似せる


3.PowerPoint での扇形の作り方(2)


PowerPoint で扇形を作る二つ目の方法としては、基本図形の円弧を利用する方法だ。
円弧を設置すると曲線しか表示されないが、オブジェクトに色を指定すると扇形ができあがる。
さらに、黄色のパスポイントをドラッグすると扇形を形成する角度を調整することができるので微調整もしやすい。
ただ、扇形の半径となる 2 本の直線は線の色を指定しても着色されないため、この箇所のみは直線の図形を最前面に設置する必要がある。

円弧を利用して扇形を作る




4.PowerPoint での扇形の作り方(3)


最後に最近の PowerPoint で用意されている基本図形であるパイを変形して扇形を作る方法である。
まず基本図形の中からパイを選択して設置し、設置したパイを選択すると変形可能を示す黄色のポインタが表示されるのでポイントを移動させると円角度が 0 度から 360 度まで対応した図形に変形することができる。
恐らくこの方法が一番簡単で設置した扇形の枠線も自動的に付与されるので図形の設定で色や枠線自体の表示・非表示も設定できる点が便利である。

パイを利用して扇形を作る


5.扇形の効果的な利用用途


円図形や長方形など一般的な図形と違い扇形の利用シーンは少ないが、特に円グラフにおいては扇形を利用する資料の見た目にインパクトを与えることができ、下図のように円グラフの各要素を扇形で色分けし、特に強調したい箇所の位置をずらして配置することで読み手の目に付きやすくなる。


扇形の効果的な利用用途


また、資料内の見出しにアイコンを付与する場合も円や四角形など基本図形ではなく扇形などあまり目にしない図形を用いることで資料の雰囲気が変わるので資料を差別化したい場合などに用いると効果がある。

見出しアイコンの利用

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック