新しい言語への挑戦 -基礎Ruby on Rails-

Webアプリケーションを構築するのにPHPやPerlといった言語を主に使っていたが、他社で作られたアプリケーション改修が入り、それが"Ruby"で作られていたので"Ruby"スキルの習得と、そのフレームワークである"Ruby on Rails"の操作を習得することになった。

"Ruby"もCGIの一種で、Webサーバと一緒にインストールすることで動作する。

ただ、アプリケーション開発を効率よく進めるための"Ruby on Rails"を利用するためには"Rails"本体以外に関連するミドルウェアやデータベースが必要なようでWebで調べるだけでは情報が混乱しそうなので一冊"Ruby"の初心者向けの本を購入した。

"Ruby"というと最近になり多くのホスティングで標準実装されるようになった言語なので、それに合わせてか"Ruby"や"Ruby on Rails"関連の本も多い。

その中で"Ruby"のこともわかるし、"Rails"のことも載っていながらアプリケーション構築のサンプルもある"基礎Ruby on Rails"というちょうど良い本があった。

 基礎Ruby on Rails


"Rails"の構成の他に、基本的なフォームによるデータのやり取り、データベースとの連携の方法、会員サイトに見られるログインやセッションの扱い、ファイルのアップロードや簡易ブログの作成方法が掲載されているのでこれらを応用すれば他のアプリケーションにも流用できそうだ。


プログラム言語は書き方は違うものの、変数の扱い方や条件分岐やループといった概念は共通なので、扱いさえわかれば敷居の高いものではない。

しかし、この"Ruby"という言語は「いかに簡潔に効率よくプログラムをするか」というコンセプトの元に作られているので、ソースが単純すぎて理解するのに一苦労するうえに、単純がゆえにきっちりしたルールに基づいてコーディングしないとすぐにエラーになるので慣れるまで大変そうだ。

さらに"Ruby"を覚えた後には"Rails"の扱いというか書き方も覚えなくてはならず、習得するまでにはあと何年かほしいところ・・・。

逆にPHPを使ったことがない人から言わせれば、PHPを覚えた上にSmartyの仕様を覚えないといけないといった同じような苦労が出るらしい。

頻繁で使うわけではないので完全に使いこなせるようになる必要はないと思うが、中途半端に使うとセキュリティホールやバグを誘発することになるので結局はいろいろ知って、言語を習得する必要があるのが今のWeb従事者の悩みの種だろうか。

新しいデバイスが出るたびに言語のバージョンも上がり、今まで使っていたものに対して追加の学習が必要だし、新しい技術が出ればゼロから学んで来るときのために備えなければならない。

「自分はこの言語だけ」「私はデザインだけ」と狭く深くでエキスパートになる道もあるだろうが、今は多種多様に対応できるように"広くやや深く"ぐらいのスキルが無いと食っていけないのではないだろうか。


とりあえず、この本で大よそ扱い方がわかったので簡単な修正ぐらいなら対応できそうだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック